高橋愛、あべこうじとの“共同作業”明かす「凄く手伝ってもらっています」

高橋愛、あべこうじとの“共同作業”明かす「凄く手伝ってもらっています」

「mer fes.2016」に出演した高橋愛 「mer fes.2016」(C)モデルプレス

【高橋愛/モデルプレス=9月18日】元モーニング娘。でタレントの高橋愛が18日、都内にて開催された原宿系人気モデルが集結するイベント「mer fes.2016」に出演し、夫であるお笑いタレントのあべこうじとのエピソードを明かした。

◆あべこうじと私服セレクト

「SHIHO TAKECHI SHOW」ステージにモデルとして出演。高橋がメインステージに登場すると大声援が沸き起こり、会場中から「かわいい!」のため息が漏れた。

ウォーキングを披露した後、高橋はモデルの武智志穂とトークショーを実施。ファッション雑誌「mer」ではお馴染みとなっている高橋だが、同誌に登場するのは「本当に大変です!」と告白。

「全部、私服なのですよ。だからもう、わさーっと出して。『どれにする?』みたいな。ダンナさんに凄く手伝ってもらっています」とあべとの共同作業で洋服を選んでいるエピソードを披露して会場を沸かせた。

◆14日に30歳に

また、同誌読者と触れ合った印象を尋ねられると、高橋は「みなさん!盛り上がっていますか?」とアイドルのように拳を振り上げて会場に呼びかけ。おしゃれに敏感な若い女の子たちから「イエーイ!」との歓声が沸き上がると、高橋は「かわいい!」「若い、みんな!」とにっこり。

高橋が「もっと、声を出して行こう!」と叫ぶと、会場のテンションはさらにアップし、高橋は「いい感じ!」と嬉しそう。しかし、そんな高橋へ、武智から、「今、アイドルの愛ちゃんが見れた!」とツッコミが入ると、高橋は「もう卒業してるもん。もう30歳!」と、9月14日に30歳の誕生日を迎えたことに触れ、笑わせた。

◆バースデーサプライズに感極まる

さらに、トークでは、高橋が読者へ向けて書いた手紙を読み上げる企画も。小さな頃からファッションが大好きで雑誌の切り抜きをしたり、お菓子よりも洋服が好きだったエピソードなどが語られ、モー娘。時代には、私服姿の全身の写真をSNSに投稿しても、「引き(=全身)じゃなくて、寄り(=顔などのアップ)の写真がいい」との声が寄せられたこともあったという。「でも、それでも自分が普段どんな格好をしているのかを知ってもらいたくて、全身の写真を載せ続けました」と振り返った。

高橋が手紙を読んでいる間、後ろにあるメインステージのスクリーンには、手紙を読む高橋の姿などが映されていたが、サプライズで誕生日を祝うためのサインが表示。手紙を読み終わると、「Happy birthday to you」の曲が流れ、会場中で高橋の30歳の誕生日を祝福。サプライズに驚いていた高橋はケーキが運ばれてくると思わず「わー!」と声に出して、「えー、うそ!ありがとうございます!」と歓喜。感極まった様子の高橋は、ランウェイを走ってファンの元へ駆け付り、「みなさん、ありがとうございます!」と感謝。「30ですけど、がんばります!」と照れ笑いを浮かべた。

◆「mer fes.2016」

同フェスは、最先端のトレンドが体感できるイベント。約1200名の観客が詰め掛けた。

高橋、武智のほか、やすだちひろ、三戸なつめ、しばさき、村田倫子、辻千恵、荒井愛花、るうこ、近藤夏子らが出演した。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)