重症の道端アンジェリカ、3時間半にわたる手術終了 術後の姿も公開

重症の道端アンジェリカ、3時間半にわたる手術終了 術後の姿も公開

術後の様子を見せた道端アンジェリカ/道端アンジェリカInstagramより

【道端アンジェリカ/モデルプレス=9月20日】16日に右足首の複雑骨折をしたモデルの道端アンジェリカが20日、自身のInstagramにて3時間半にわたる手術の終了を報告。術後の様子も公開した。

◆手術終了を報告

道端は「3時間半の手術無事終わりました」と報告。「すごく不安で緊張したけど、、、支えてくださったみなさまありがとうございました」と感謝をつづった。

同時に手術後の自身の写真も投稿。酸素マスクをし、ベットに横になり右足を上げた道端がピースサインを見せた。

◆ファンから温かいコメント

痛々しい姿ながらも、手術の成功を告げた道端。数時間前には、不安な心境も投稿していたことからコメント欄には「成功してよかった…ほんとに良かったです」「手術お疲れ様でした。ゆっくり治して下さいね」「無事終わったようで安心しました。早く良くなりますように」と心配していたファンからの温かい声が送られた。

◆足首骨折で手術に

アンジェリカは、17日に「私事ではありますが、昨日私の不注意で転んでしまい、足首の脱臼と三果骨折とゆう3箇所の骨折をしてしまいました。足首の骨折の中ではかなりの重症だそうです」「その結果、手術を受けなければいけないことになり、しばらくお仕事をお休みしなければなりません。。」と骨折した経緯と症状を説明。

三果骨折は、外果・内果骨折および脛骨の前縁・後縁のいずれかも骨折した状態のこと。手術後の完治までに時間を要する最も重い骨折の部類に入る。完治には一般的に最低約2ヶ月はかかると言われている。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)