重症で手術の道端アンジェリカ、リハビリを開始「少しずつ頑張る」

重症で手術の道端アンジェリカ、リハビリを開始「少しずつ頑張る」

重症で手術の道端アンジェリカ、リハビリを開始「少しずつ頑張る」(C)モデルプレス

【道端アンジェリカ/モデルプレス=9月23日】16日に右足首の複雑骨折をし、20日に手術を受けたモデルの道端アンジェリカが23日、リハビリを開始したことをInstagramで報告した。

3時間半に及ぶ手術から3日が経過した同日、「今日はギブス付けてのはじめてのリハビリへ」とリハビリをスタートさせたことを明かし、快方へ向かっていることをうかがわせた道端。

たくさんのメッセージが書かれたギプスを付けた右足と花束を収めた写真を添え、「少しずつ頑張る 今日もみんなありがとう」と復帰への前向きな思いをつづった。

骨折を明かして以降、怪我の経過や入院生活について頻繁にInstagramを通して公開している道端。ファンからは「もうリハビリできるんですね!大変だと思うけど頑張ってください」「リハビリファイト!焦らずゆっくりね」「順調に良くなっているみたいで安心しました。またステージに立つアンジェリカちゃんに会いたいです」とエールが届けられている。

◆足首骨折で休養

道端は、17日に足首の脱臼と三果骨折をしたことを報告。かなりの重症で手術を受けなければならないことを説明し「しばらくお仕事をお休みしなければなりません」とファンに伝えていた。

三果骨折は、外果・内果骨折および脛骨の前縁・後縁のいずれかも骨折した状態のこと。手術後の完治までに時間を要する最も重い骨折の部類に入る。完治には一般的に最低約2ヶ月はかかると言われている。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)