関ジャニ∞大倉忠義「泣きそうになった」腸閉塞でのライブ休演を回顧

関ジャニ∞大倉忠義「泣きそうになった」腸閉塞でのライブ休演を回顧

ナビルー、宮司愛海アナウンサー(C)モデルプレス

【関ジャニ∞・大倉忠義/モデルプレス=9月25日】10月2日よりスタートのアニメ『モンスターハンターストーリーズ RIDE ON』(フジテレビ系/毎週日曜あさ8時30分)の主題歌を担当する関ジャニ∞が25日、都内で行われた完成披露試写会&トークイベントに出席。1月に腸閉塞のため、大阪・京セラドームでの公演を欠席した大倉忠義が、当時を振り返った。

◆メンバー愛に感動「絆を感じた」

人気ゲーム「モンスターハンター」シリーズ初のアニメ化となる今作は、お供をするモンスターとの“絆”も見どころ。そんな中、メンバーの間での絆を問われると、村上信五は「近々で言うたら、大倉くんがお腹の調子が悪くなってライブを1回お休みしてしまったんですけど、あの時はメンバーを含めスタッフの絆や繋がりを改めて感じた」とコメント。大倉は「(絆を)もちろん感じました!病院のベッドでみんなのメールを読みながら、泣きそうになりました。…泣けなかったですけど!(笑)優しさを感じました」と笑わせた。

◆安田章大「メンバーがちゃんと生活できているのか…」

また、関ジャニ∞は現在イベントツアー「関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ」の真っ只中ということもあり、レギュラー番組の収録も含めてメンバーと会う機会が多いだけに、安田章大は「1日、2日会わなかったら、メンバーが何してるのかとかちゃんとご飯を食べているのかとか、ちゃんと生活できているのかとか気になってくるんです!」と母のような眼差しに。

そんな安田に会場からは拍手が沸き起こり、大倉も「優しいなぁ〜」としみじみ。しかし村上は「別にメンバーが何を食うてようがどうでもええです」とバッサリ。「なんてやつだよ!」といじける安田だったが、MCを務めた同局の宮司愛海アナウンサーから「皆さん仲が良いんですか?」と聞かれると、マイクを通さずに大声で「はい!」と元気よく返事をして、場を沸かせていた。

◆5年ぶりアニメ主題歌に歓喜

関ジャニ∞が担当する楽曲タイトルは「パノラマ」(10月12日発売)。アニメ主題歌を務めるのは「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)以来5年ぶり2度目で、横山裕は「僕ら関ジャニ、モンハンの大ファンだったのでそこの世界観に入れるということで純粋に嬉しかったです」と大喜び。ライダー役として声優出演することが決定した村上も「今まで関ジャニ∞ではやってこなかったテイスト。男っぽい曲や応援ソングが多かったので、これがどう受け入れていただけるのか」とアピールしていた。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)