重症で手術の道端アンジェリカ、リハビリが本格化「大丈夫か私」

重症で手術の道端アンジェリカ、リハビリが本格化「大丈夫か私」

この日のリハビリの様子/道端アンジェリカInstagramより

【道端アンジェリカ/モデルプレス=9月26日】20日に右足首の複雑骨折の手術を受け、現在リハビリ中であるモデルの道端アンジェリカが26日、リハビリの様子を明かした。

23日にリハビリを開始した道端。この日はうつ伏せになり、膝から足を曲げる様子を公開し「リハビリ、、、明日から本格的になるらしい これだけで大騒ぎしてるのに(笑)大丈夫か私(笑)」とコメント。続けて「でも早くみんなの前にでたいから頑張る」と前向きに取り組む姿勢を見せた。

◆ファンからエール続々

これまでもリハビリに励む姿や入院生活の様子をSNSを通して公開。その都度ファンからは多くのメッセージが寄せられているが、今回の投稿にも「焦らずしっかり治してね」「あんまりムリしないで」「辛いでしょうけど頑張ってね」とエールがおくられている。

◆足首骨折で休養

道端は、17日に足首の脱臼と三果骨折をしたことを報告。かなりの重症で手術を受けなければならないことを説明し「しばらくお仕事をお休みしなければなりません」とファンに伝えていた。

三果骨折は、外果・内果骨折および脛骨の前縁・後縁のいずれかも骨折した状態のこと。手術後の完治までに時間を要する最も重い骨折の部類に入る。完治には一般的に最低約2ヶ月はかかると言われている。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)