有村架純の親友役に朝ドラ初出演・佐久間由衣、“ガールズラブ”ドラマで話題に<略歴>

有村架純の親友役に朝ドラ初出演・佐久間由衣、“ガールズラブ”ドラマで話題に<略歴>

有村架純ヒロイン朝ドラ「ひよっこ」に出演が決定した佐久間由衣(C)モデルプレス

【佐久間由衣/モデルプレス=9月26日】26日、東京・渋谷のNHKで会見が行われ、モデルで女優の佐久間由衣(21)が、女優の有村架純がヒロインをつとめる同局系平成29年度前期連続テレビ小説「ひよっこ」に出演することが決定。ここでは、佐久間のこれまでの活躍を振り返る。

◆2013年にモデルデビュー

佐久間は1995年3月10日生まれの神奈川県出身。愛称は“さくちゃん”。

2013年に行われた「ViVi」の専属モデルオーディションで全4158名の参加者から、立花恵理と共にグランプリに選出。

ショートカットがトレードマークで、独特なアンニュイな雰囲気で同誌のほか、多数の女性誌で活躍。大型ファッションショーも常連となっている。

「Samantha Vega」や「コカ・コーラ」など広告出演も多数。

◆“ガールズラブ”ドラマで注目度急上昇

2014年に、映画「人狼ゲーム ビーストサイド」に出演し、女優活動を開始。

2015年に、フジテレビ系リアリティショー「テラスハウス」の制作陣が手がけた土ドラ「トランジットガールズ」で伊藤沙莉とともにW主演。初のドラマ出演にして、主演という抜擢を受けた。同作は、連続ドラマ史上初の“ガールズラブ”をメインテーマにしたラブストーリー。佐久間は義理の妹と恋に落ちる姉を演じ、ナチュラルな演技と美貌で注目を集めた。

現在も、同局系シチュエーションコメディドラマ「ラブラブエイリアン」(毎週水曜 深夜1時55分〜)に出演中。

◆有村架純主演朝ドラ「ひよっこ」

放送中の「とと姉ちゃん」、次回作の芳根京子主演「べっぴんさん」に続く、第96作目となる「ひよっこ」は脚本家・岡田惠和氏によるオリジナル作品。東京オリンピックが開催された1964年から始まる波乱万丈青春記となる。

佐久間は、有村演じるヒロイン・谷田部みね子(やたべ・みねこ)の幼なじみで同級生の助川時子(すけがわ・ときこ)役。村一番の美少女で女優の夢を抱いているという役どころで、女性1293人が参加したオーディションを勝ち抜いて役を掴んだ。

会見で、佐久間は「主演が有村さん、脚本が岡田さんということで、絶対にこの作品に携わらせていただきたいと思いました。念願の朝ドラに出演することができて嬉しいです」と歓喜。現在、茨城弁の練習を行うほか、実際に茨城まで足を運んだといい「1人で高速バスに乗って茨城に行きました。(現地で)タクシーのおじちゃんに『2時間乗り放題で』っていうおまけをしてもらいながら、色々お話を聞きました」と明かした。

会見には、そのほか、ヒロインの父を演じる沢村一樹、母を演じる木村佳乃など、<故郷編>のキャスト10人が出席した。

2017年4月3日〜9月30日放送予定。全156回。(modelpress編集部)

■佐久間由衣(さくま・ゆい)プロフィール
身長: 172cm
生年月日:1995年3月10日
出身地:神奈川県
血液型:O型
趣味:散歩(朝日をながめること) 
好きな小説家:太宰治
特技:バスケ、ピアノ、弓道

関連記事(外部サイト)