「テラスハウス」アーマン&政子カップルを直撃!お互いに惹かれたところ、日本とハワイ…遠距離恋愛への心境も

「テラスハウス」アーマン&政子カップルを直撃!お互いに惹かれたところ、日本とハワイ…遠距離恋愛への心境も

モデルプレスのインタビューに応じた、アーマン&政子カップル(C)モデルプレス

【テラスハウス・アーマン・政子/モデルプレス=9月29日】人気リアリティショー『テラスハウス』の新シーズン『TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY』(Netflixで先行配信/フジテレビ系、毎週月曜 深夜24:55〜)。前作は湘南を舞台に男女の青春模様を記録したが、今作の舞台は東京。モデルプレスはメンバーが共同生活するシェアハウスを訪れ、メンバーの取材を行った。今回お届けするのは、ビタラフ・アルマン(25)さん&遠藤政子(えんどうまさこ・23)さんカップル。

(※地上波で放送を見ている方にはネタバレも含みますのでご注意ください)

― お互いのどこに惹かれましたか?

政子:私が「テラスハウス」に入る前は、正直(アーマンは)人として薄っぺらい印象でした。自由だけみたいな(笑)。でも入って一番に感じたのは、みんなのことをちゃんと見ているというか、みんなのことを考えているということ。そこに惹かれました。ギャップというか、自分が期待している以上のことをしてくれたのが大きかったと思います。

アーマン:第一印象から「見た目もノリもいいな」と思っていました。でもその時は僕も夜遅くに帰ってくることもあって、あまり会わなかったのですが、僕が事故って一週間くらい何もできなかった時に、マーサ(政子)が、ご飯を作ってくれたり、薬とかを買いに行ってくれたり、すごく優しくしてくれて、そこから「好き」という気持ちになっていきました。

― これから付き合っていく中で「ここだけは直してほしい!」ところは?

政子:まだ付き合って日が浅いのでないですが、アーマンの気持ちは告白してきた時から徐々に変わっていくと思うんです。例えば今は「遠距離頑張ろう!」と言ってくれているし、私もそう思っているけど、実際に遠距離はしてみないとわからないこともあるだろうし…。でも二人で頑張っていきたいです。

アーマン:直してほしいところはないです。もうすぐハワイに帰ってしまうので、遠距離でも頑張りたいなって思います。今でも「帰ったらこのくらい連絡してね」とか約束していて、2ヶ月に一回くらいは戻ってくる予定。1週間〜2週間くらい日本にいて、また戻ったりする感じになってしまうかもしれないんですけど、それでもマーサが待っていてくれる。

政子:私も待っているというよりは、自分の中でもやらなきゃいけないことがいっぱいあるので、モデルとしても、芸能のお仕事をするにでも、私も私なりに興味を持つことがたぶん増えるだろうし、それをしっかりやっていれば自分でも余裕ができてくるのかなって。その時にお互い無理やり寄せなくても、自然といい流れというか、形になっていくのかなっていうのを信じています。

(modelpress編集部)

■ビタラフ・アルマン プロフィール
職業:消防士志望/出身:ハワイ州/生年月日:1990年12月4日/趣味:ボディボード/好きなタイプ:優しくてかわいい子/嫌いなタイプ/優しくなくてかわいくない子/好きな食べ物:寿司/嫌いな食べ物:わさび

<略歴>
1990年東京渋谷区にて生まれる
2001年ハワイに移住
2009年Kaimuki High School 卒業
2012年Kapiolani Community College 卒業

■遠藤政子(えんどう・まさこ)プロフィール
職業:モデル・保育士志望/出身:福岡県福岡市博多区/生年月日:1993年8月9日/趣味:ファッションの勉強、ジム、運動/好きな異性のタイプ:信頼でき、無言でも落ち着く人/嫌いな異性のタイプ:空気が読めない人、かけひきしてくる人/好きな食べ物:栗/嫌いな食べ物:グリーンピース、炒めていない玉ねぎ

<略歴>
2010年福岡で芸能活動開始
2011年第一薬科大学付属高等学校 卒業
2013年上京

関連記事(外部サイト)