EXILE THE SECOND、AKIRA加入は「必然だったんだと思う」 新たなスタート切る

EXILE THE SECOND、AKIRA加入は「必然だったんだと思う」 新たなスタート切る

EXILE THE SECOND/「月刊EXILE」11月号より(画像提供:LDH)

【EXILE THE SECOND/モデルプレス=9月28日】EXILE THE SECONDが、雑誌「月刊EXILE」11月号(9月27日発売)に登場。先日、EXILE AKIRAの加入が発表され、6人体制となり再スタートを切った彼らに迫っている。

◆6人になったEXILE THE SECOND「必然だったんだと思う」

AKIRAのほか、メンバーは橘ケンチ、黒木啓司、EXILE TETSUYA、EXILE NESMITH、EXILE SHOKICHI。10月から始まる初の単独アリーナツアー「EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2016-2017 “WILD WILD WILD WARRIORS”」に向けた3部作の第3弾「WILD WILD WILD」を9月21日にリリースしたばかり。

誌面インタビューでは、加入について「5人の音楽性やパフォーマンスは僕らのルーツを活かしたスタイルでもあるので、自分もEXILEとはまた別のアプローチで5人とともにエンタテインメントを開拓してみたいと思いました」と心境を吐露したAKIRA。

一方、迎えたケンチは「EXILEになる前から10年以上苦楽をともにしてきた仲間だからこそ、6人が集まった時点ですぐに空気ができていました」とすでにまとまっている様子を明かし、「今、この6人が集まったのは必然だったんだと思うと感慨深さがあります」と想いを語った。

このほか、各メンバーの素直な胸の内、さらにはツアーや3部作への想いなど、パワーアップした彼らの“今”を感じ取れるインタビューとなっている。

◆15周年記念“EXILE特集”

また、今号では15周年記念としてEXILEを特集。総合エンタテインメント「HiGH&LOW」の劇場版第2弾「HiGH&LOW THE RED RAIN」(10月8日公開)で兄弟役を演じたEXILE TAKAHIRO、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの登坂広臣、俳優の斎藤工のソロインタビューも掲載されるなど、多彩なコンテンツを展開している。(modelpress編集部)

情報提供:「月刊EXILE」(LDH)

関連記事(外部サイト)