長澤まさみ、混乱状態で普段見せない姿に

長澤まさみ、混乱状態で普段見せない姿に

長澤まさみ、混乱状態で普段見せない姿に (C)フジテレビ

【長澤まさみ/モデルプレス=9月29日】女優の長澤まさみが、30日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう SP」(よる7時〜)に出演する。

◆長澤まさみ「特に見どころはありません(笑)」

今回のSPでは、ダウンタウン&坂上忍の3人とお酒の力を借りて本音で語り合う人気企画「本音でハシゴ酒」を実施。東京・大井町を舞台に、飲み仲間のMEGUMIを加えた一行が、豪華ゲストと本音で語り合う。

番組のファンで、初めてダウンタウンと共演することも楽しみにしていた長澤とは、なぜかテキーラを酌み交わす混乱状態に。普段、見ることのできない長澤の姿を見ることが出来る。

収録を終えた長澤は「あまりうまくお話できませんでしたが(笑)、ダウンタウンのお2人に会えたので楽しかったです」と満足気。ファンへのメッセージを求められると、「本当に、トークが下手なので、特に見どころはありませんが(笑)」と謙遜しつつ、「ダウンタウンさんに会えただけでもうれしかったので、そこを見ていただけたら(笑)」とアピールした。

◆宮根誠司が浜田雅功と初共演

番組には、ダウンタウンの2人と同じ1963年生まれの宮根誠司も登場。松本人志とはインタビューで対面しているが、浜田とは初共演となり、テレビではダウンタウンと初共演となった。

収録では、宮根のフリー転向秘話や、東京進出当時のダウンタウンの苦労時代の話など、密度の濃いトークを次々に展開。お酒が進んでいくと、宮根が自身の人生までもかけた大物芸能人とのケンカのエピソードを明らかにする。

収録を振り返り、「僕個人が、聞きたいことを聞いてしまったので、番組としてはどうだったんでしょう(笑)。同い年だからこそ、いろいろなことをダウンタウンのお2人に聞けたので、うれしかったですね」と手応えを明かす宮根だが、「同い年だからこそ、お互いにうわべで話しはできなかったです」と回顧。ファンに向けては「ダウンタウンのお2人に、僕自身が聞きたいことをぶつけることができましたので、ひょっとしたら、今まで皆さんがご存じない“ダウンタウンの素顔”を発見していただけるかもしれません」とアピールした。

なお、長澤・宮根のほかにも小林幸子、永野も登場する。(modelpress編集部)

■長澤まさみコメント

Q:収録を終えて
長澤:今回が初共演なので、収録が本当に楽しみでした。あまりうまくお話できませんでしたが(笑)、ダウンタウンのお2人に会えたので楽しかったです。

Q:ファンの方々へメッセージ
長澤:ダウンタウンさんに会えただけでもうれしかったので、そこを見ていただけたら(笑)。本当に、トークが下手なので、特に見どころはありませんが(笑)、是非楽しんで下さい。

■宮根誠司コメント

Q:ダウンタウンとの共演について
宮根:同い年なんですよね。以前、松本さんには、監督された映画のインタビューをさせていただいたことがありましたが、浜田さんとは今回が初共演で、ちょっと怖かったです(笑)。僕が局アナのペーペーだったころ、ダウンタウンさんはスーパースターでしたので、そのお2人と共演できたことは、正直うれしかったです。

Q:『ダウンタウンなう』について
宮根:毎週、拝見させていただいています。毎回、ダウンタウンのお2人がゲストの方のお話を聞かれるのですが、今回は同級生で、同い年のスーパースターということもあり、スーパースターゆえの本音や、人間・浜田雅功、人間・松本人志というのを、テレビの収録とは関係なしに、本当に聞いてみたかったんです。

Q:収録を終えて
宮根:僕個人が、聞きたいことを聞いてしまったので、番組としてはどうだったんでしょう(笑)。同い年だからこそ、いろいろなことをダウンタウンのお2人に聞けたので、うれしかったですね。でも、同い年だからこそ、お互いにうわべで話はできなかったです。お2人の絶妙なやり取りを聞いて、分野は違いますが同じ“しゃべり手”として、勉強になりましたし、刺激を受けました。同い年の方が、“てっぺん”で頑張っていらっしゃるのは、励みになりますね。

Q:ファンの方々へメッセージ
宮根:今回、ダウンタウンのお2人とお酒を飲みながらお話させていただきました。ダウンタウンのお2人に、僕自身が聞きたいことをぶつけることができましたので、ひょっとしたら、今まで皆さんがご存じない“ダウンタウンの素顔”を発見していただけるかもしれません。楽しみにご覧いただけたらと思います。

関連記事(外部サイト)