石原さとみの「ふーふー」にスタッフ見惚れる 魅力的なチャレンジ

石原さとみの「ふーふー」にスタッフ見惚れる 魅力的なチャレンジ

石原さとみの「ふーふー」にスタッフ見惚れる 魅力的なチャレンジに挑戦

【石原さとみ/モデルプレス=9月30日】女優の石原さとみがイメージキャラクターを務める「東京メトロ」が手掛けるキャンペーン「Find my Tokyo.」CMの第3弾が30日、特設サイトにて公開された。

◆第3弾は「王子」へ

これまでのCMシリーズでは門前仲町、麻布十番等を訪れてきたが、今回は王子へ。水崎綾女と蓬田直史とともに、昔から紙で栄えてきたという王子の「お札と切手の博物館」や、飛鳥山公園内の「紙の博物館」を“社会科見学”と称して訪れ、街の魅力を発見、体験していく。

また、CMソングは、小林武史のプロデュース第3弾として「back numberと秦基博と小林武史」が『reunion』を歌唱。back numberの清水依与吏と秦は、CMにも特別出演している。

◆様々な“チャレンジ”

10月〜12月は、CMやポスターの他にも、石原が北区の南北線王子駅〜西ケ原駅〜赤羽岩淵駅周辺の魅力溢れる“チャレンジ”に石原が挑んだ動画も公開。

渾身の力で1億円を持ち上げてみたり、熱々のおでんをふーふーしてみたり、石原のキュートさが凝縮されている。

◆スタッフを魅了したキュートな「ふーふー」

撮影は5月中旬に行われ、「紙の博物館」の撮影では、実際に紙すきにチャレンジ。自身でデコレーションしたハガキの仕上げ段階で小さな失敗があったものの、それも味のひとつとしてそのままの状態でCMに登場している。

また、西ヶ原の「旧古河邸」では、洋館に隠された“りんご”を一生懸命に探しながら、子供ができたら…と将来の夢を明かす石原。赤羽岩淵でのチャレンジ撮影では、30種もの熱々のおでんを目の前に、ふーふーしながら美味しそうに食べる表情に、スタッフも「本当にキュートでした」と魅了されていた。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)