卒業発表の島崎遥香、AKB48デビューから塩対応キャラ&ファッションアイコンとして台頭…7年の軌跡を振り返る

卒業発表の島崎遥香、AKB48デビューから塩対応キャラ&ファッションアイコンとして台頭…7年の軌跡を振り返る

卒業発表の島崎遥香、AKB48デビューから塩対応キャラ&ファッションアイコンとして台頭…7年の軌跡を振り返る(C)モデルプレス

【島崎遥香/モデルプレス=10月3日】AKB48の島崎遥香(22)が3日、新CMのイベントにてグループからの卒業を発表。モデルプレスでは、島崎のデビューからこれまでの軌跡を振り返る。


◆2009年第9期生としてデビュー

島崎は、1994年3月30日生まれ、埼玉県出身。愛称は「ぱるる」。芸能事務所「ビックアップル」所属。2009年に「AKB48 第六回研究生(9期生)」オーディションに合格し、2010年に正規メンバーに昇格。同期には、現総監督の横山由依、元メンバーの永尾まりやなどがいる。チーム4、チームBを経て、現在チームA所属。

デビュー当時からそのビジュアルで人気を集めたが、未経験だった歌やダンスには苦戦。マイペースな性格もあいまって、「ポンコツ」とファンから親しみを込めて呼ばれるようになる。

「真夏のSounds good !」(2012年)で初選抜。同年「29thシングル選抜じゃんけん大会」で優勝し、「永遠プレッシャー」で初センターを担当。翌年、「32ndシングル選抜総選挙」で12位となり、総選挙による選抜メンバーに初ランクイン。その後も7位→9位→8位と選抜メンバーをキープしている。

シングルでは、「さよならクロール」(2013年)で大島優子、渡辺麻友、板野友美とともにセンター、「僕たちは戦わない」(2015年)で単独センターを経験。次の46thシングル「タイトル未定」(11月16日発売)にて4回目のセンターを単独で務める。

◆“塩対応”キャラクター&困り顔…トレンドを牽引

「じゃんけん大会」をきっかけに、大きく一般にも知名度を獲得するようになり、“しょっぱい”態度をさす「塩対応」キャラクターが定着。選抜総選挙のスピーチでは、他のメンバーが熱いメッセージを数分に渡って語る中、短い内容で切り上げるなど、司会の徳光和夫とのやりとりも話題を呼び、「塩対応」が「2014年ユーキャン新語・流行語大賞」候補語50語にノミネートされる。

また、下がり眉、垂れ目など、守ってあげたくなるような「困り顔」がトレンドとなり、「なりたい顔」として名前をあげられるように。米国の映画情報サイト「TC Candler」が毎年発表する「世界で最も美しい顔100人」ランキングに2013年、56位で初ランクインし、2014年に50位、2015年に74位とランクインし続けている。

CMでも活躍するようになり、2013年、ニホンモニターによる「女性タレントCM起用社数ランキング」で6位タイで当時のAKB48在籍メンバーとしては最多起用社数を獲得。2014年も3位タイにランクインし、12社のCMに起用されたことが発表された。

◆ファッションアイコンとして台頭

メンバーの中でも女性人気の高さは随一で、「LARME」「Popteen」「Soup.」「ar」など数々のファッション誌の表紙を飾る。

Instagramもいちはやく始め、ヘアカラーチェンジや個性的な私服も注目の的に。さらに、昨年ファッションブック「ParU」(主婦と生活社)を出版した。

今年7月に開催された「Girls Summer Festival by GirlsAward」では、自身が選んだ“ぱるる選抜”のバイトAKB繁藤冬佳と日出有香とともに初ランウェイを披露した。

◆女優業も充実

近年は、女優としての個人活動も充実。同グループメンバーが出演するドラマ「マジすか学園」シリーズ(日本テレビ系、2010〜12、15年)、「私立バカレア高校」(2012年)などで演技経験を積んだ後、映画「劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL」(2013年)、「妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」(2014年、声の出演)などに出演。

2015年に本格的な演技に初挑戦した主演映画「劇場霊」が公開されると、2016年は映画「ホーンテッド・キャンパス」、ドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系、4月クール)などの演技で、女優としての存在感が増すように。現在、主演ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」(テレビ朝日系、毎週月曜深夜0時15分〜 ※10月17日よりスタート)の放送も控えており、順調なキャリアを歩んでいる。

◆素顔は?ブレないキャラクターが人気

また、ロンドンブーツ1号2号の田村淳とともに初MCを務めた番組「淳・ぱるるの○○バイト!」(フジテレビ系、2015年4月〜2016年3月まで放送)では、毎回リラックスした素顔を披露し、好評を集めた島崎。マイペースな毒舌や、率直な発言で放送の度に発言がニュースになるなど、注目度が高く、ブレない内面も含め、根強い支持を得ている。

一方で、胸に秘める闘志は熱いものがあり、2015年の選抜総選挙では、「次期総監督の横山由依とともにAKB48の第2章を作りたいという目標を決めていました」「AKB48のファンの皆さん、どうか私たちの世代に力を貸してください。もっと…、もっと私たちが前に進めるようにこれからどうかよろしくお願いします」と涙ながらに訴えかけたことも。後輩メンバーを自身のSNSで紹介するなど、グループ思いな一面でも知られている。

◆島崎遥香、卒業発表

今年の総選挙の際は、今後の不出馬を宣言。スピーチでは、「正直卒業も考えました」と本音を明かすも、「そんな時に『辞めないで』って泣いてくれたのが、総監督である横山由依でした。ありがとう」と語っており、近い時期の卒業を示唆。そんな中、今回の新CMの内容が島崎がバイト卒業を宣言し、NEXTステージへ向かうというものだったため、一部にて今回のイベントでの卒業発表が確定視されていた。

新CMのイベントにて島崎は、「報道でもあったんですけど、私自身もAKB48を年内をもって活動を終了させて頂くことにしました」と発表。最後の握手会は12月24日、卒業公演は12月26日、活動は年内いっぱいまでとし、単独センターとなる46thシングルが、島崎の有終の美を飾るラストシングルとなるようだ。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)