Hey! Say! JUMP山田涼介の衝撃解答連発にスタジオ騒然 倉科カナは天然発揮?

Hey! Say! JUMP山田涼介の衝撃解答連発にスタジオ騒然 倉科カナは天然発揮?

(左から)桐谷健太、倉科カナ、高嶋政伸(C)フジテレビ

【山田涼介・倉科カナ/モデルプレス=10月10日】10日放送のフジテレビ系「ネプリーグSP」(よる7時〜8時54分)では、山田涼介(Hey! Say! JUMP)、桐谷健太、倉科カナ、高嶋政伸に林修を加えた新月9ドラマ「カインとアベル」(10月17日スタート/毎週月曜よる9時)チームと、柳原可奈子、黒沢かずこ(森三中)、祐真キキ、名倉潤、原田泰造によるネプチューンチームが対決する。

1stステージの「ハイパーイングリッシュブレインタワー」は、出題される物の名前やフレーズに英語で解答し、タワーの頂上を目指すゲーム。順調な滑り出しを見せた「カインとアベル」チームだったが、今作で月9初主演を果たすキャプテンの山田が凡ミスでチームの足を引っ張る展開に。また、ネプリーグ初参戦のヒロイン・倉科が天然発言連発で原田も思わず「もうしゃべるのやめたほうがいいよ」という発言も飛び出す。

さらに、あらゆる分野から出題される2文字の穴埋めクイズに解答するゲーム、2ndステージの「ネプレール」では、1stステージに引き続き、山田の衝撃解答連発にスタジオ騒然。今世紀もっとも恥ずかしくてカッコイイ「やっちまったぜ!」が響く。

◆「カインとアベル」チームの1人が大活躍

続く3rdステージは「音読ルーム」。小・中学校の教科書から出題される穴埋め問題を音読し解答するゲームとなっているが、「小学校時代は“新井薬師の神童”と呼ばれた」と教科書から出題される問題に自信を見せる柳原がまさかのミス連発。キャプテンの名倉は我慢の限界になり「小学校から出直せー!」と大激怒する。

そして4thステージは「林先生の漢字テストツアーズ」。林修先生が厳選した漢字クイズに挑戦するゲームで、3rdステージのミスを何としても挽回したい柳原が自身の漢字力を存分に発揮し正解を連発する。しかしそれ以上に力を見せたのは、なん「カインとアベル」チームのある人物。話題のCMで披露した歌唱力もかすむ、驚異の漢字力に林先生も脱帽する事態に。

その後5thステージの「パーセントバルーン」や、6thステージは「ハイパーボンバー」を重ね、「カインとアベル」チームが無事にトロッコに乗ることができるのか、注目だ。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)