AKB48島崎遥香主演連ドラ、スピンオフ放送決定 テーマは“恋”

AKB48島崎遥香主演連ドラ、スピンオフ放送決定 テーマは“恋”

島崎遥香(C)テレビ朝日

【島崎遥香/モデルプレス=10月10日】AKB48の島崎遥香が主演をつとめる10月17日スタートのテレビ朝日系連続ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」(毎週月曜深夜0時15分〜)のスピンオフドラマが放送決定した。

島崎が卓越した洞察力、推理力を持つ自由奔放な女デカ長・風早恭子役に挑戦し、古田新太、勝村政信、波岡一喜、猫背椿、越村公一、中山麻聖ら実力派キャストと共演することで、スタート前から話題を呼んでいる今作。

舞台となるナシゴレン課は、捜査に一切出向くことなく、刑事部屋で難事件を推理&解決してしまう極秘部署という設定。稀代のヒットメーカー・秋元康氏が企画・原作を手がけるだけあって“刑事ドラマなのにワンシチュエーションコメディー”という、その斬新でユニークな世界観に注目が高まっている。

◆ぱるるが初の刑事役!第1話が17日スタート

17日放送の第1話は、苦節25年の交番勤務を経て48歳で念願の刑事になった新人刑事・石鍋幹太(古田)がナシゴレン課に配属されて来るところからはじまる。

そんなナシゴレン課が第1話で推理するのは、なんと“ワカメまみれの全裸殺人”。南五反田のラブホテルの浴槽で、大量のワカメにまみれた男性の死体が発見されたという奇怪な事件で、浴槽に大量に浮かんでいたワカメは、犯人から警察へのメッセージなのか…。謎だらけのこの難事件、島崎扮する恭子はどう解決していくのか、驚愕の真犯人にも注目だ。

◆スピンオフドラマの配信が決定

そして、今作のスピンオフドラマの制作が決定。ドラマ本編も「テレ朝動画」「auビデオパス」で放送終了後に配信されるが、地上波では放送されないスピンオフドラマが「auビデオパス」の会員限定で、地上波ドラマ放送終了後より毎週1話ずつ、全10話がネット配信されることに。

そのスピンオフドラマとは「警視庁 ナシゴレン課 番外編『恋のアルマジロ』」。本編では描かれることのない、ナシゴレン課のメンバーの恋模様が映し出されていく。番外編で描かれたキャラクターの関係性は、本編の内容にもリンクしていくとあって、この「恋のアルマジロ」をチェックすると地上波ドラマがより面白くなる仕掛けとなっている。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)