2016年秋ドラマの注目作は?あらすじ一挙紹介

2016年秋ドラマの注目作は?あらすじ一挙紹介

2016年秋ドラマに出演する(左から)新垣結衣、米倉涼子、石原さとみ(C)モデルプレス

【米倉涼子・新垣結衣・石原さとみ/モデルプレス=10月11日】10月に突入し、秋ドラマも続々とスタート。今クールも、バラエティ豊かな注目作が目白押し。今回は、モデルプレスが注目するドラマの見どころを一挙紹介。

◆月曜日

『カインとアベル』10月17日スタート(毎週月曜よる9時、フジテレビ系)/山田涼介(Hey! Say! JUMP)、桐谷健太、倉科カナ、高嶋政伸

山田涼介が、初の月9主演、初のラブストーリーに挑戦。タイトルは、旧約聖書「創世記」第4章に登場する兄弟の名前から。旧約聖書の「カインとアベル」は、兄のカインが、神・ヤハウェ(=すべての父)から寵愛を受ける弟のアベルに嫉妬し、“愛への渇望”“父に認められたい”と願う普遍的なテーマに迫った話。ドラマでは、“運命的な兄弟”の姿を描いていく。

<第1話あらすじ>
「高田総合地所株式会社」の創立50周年記念パーティーが行われている。しかし、その席に社長の高田貴行(高嶋政伸)の次男で、社員として働いている優(山田涼介)の姿はない。優は、兄で副社長の隆一(桐谷健太)に何かと比較され、他の社員たちからも冷ややかな目で見られる存在だった。そんな彼を隆一は探しに行くが…。

◆火曜日

『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』10月11日スタート(毎週火曜日よる9時、関西テレビ・フジテレビ系)/吉田羊、相武紗季、吉岡里帆、高橋克典

数々の名作を生み出してきたフジテレビ・関西テレビの火曜よる10時のドラマ枠「火10」が、火曜よる9時に引っ越し「火9」としてスタート。第1弾となる今作は、かつては脳神経外科医として勤務していた主人公・橘志帆(吉田羊)をはじめ、医師が解明できなかった病の原因を特定、究明する“解析診断部”の女性医師たちが時にぶつかり合いながらも、力を合わせて原因不明の病の謎を突き止めていく爽快な医療ヒューマンドラマ。女優の吉田羊が地上波民放連ドラ初主演を務める。

<第1話あらすじ>
超一流の脳神経外科医・橘志帆(吉田羊)は、手術中に幻覚を見たことから医師を辞めようと決意していた。しかし、患者の命を救う“最後のとりで”となる解析診断部へ誘われ、それを受けることに。最初の患者は有名料理研究家の息子。胃の中から驚きの異物が見つかった正体不明の病を前に、集められた7人の女性専門医たちが立ち向かっていく。

『逃げるは恥だが役に立つ』10月11日スタート(毎週火曜日よる10時、TBS系)/新垣結衣、星野源、大谷亮平、石田ゆり子

月刊「Kiss」(講談社)で連載中の海野つなみ氏の同名漫画が原作。あることがきっかけで、新垣結衣演じる主人公・みくりが恋愛経験の無い独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)と「仕事としての結婚」をすることになる、“夫=雇用主、妻=従業員”という契約結婚を描いた社会派ラブコメディ。恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、徐々にお互いを意識し出す妄想女子とウブ男の契約結婚の行方を描いていく。

<第1話あらすじ>
主人公・森山みくりは、彼氏なし、院卒だけど内定ゼロ、派遣社員になるも派遣切り、そしてただ今求職中。そんな彼女を見かねた父親のはからいで、独身の会社員・津崎平匡の家事代行として働き始めることになる。かゆいところに手が届く働きぶりで津崎の信頼を勝ち取ったみくりは、将来への不安から、「就職という意味で結婚するのはどうですか?」 と津崎に提案し…。

◆水曜日

『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』10月12日第2話放送(毎週水曜よる10時、日本テレビ系)/石原さとみ、菅田将暉、本田翼、岸谷五朗

今作は、宮木あや子氏の同名小説シリーズが原作。ファッション編集者を目指し出版社に入社するも、原稿の間違いや矛盾点・疑問点を指摘する地味な「校閲部」に配属されたヒロイン・河野悦子(石原さとみ)が、ド派手ファッションという戦闘服に身を包み、作家に直接会いに行ってしまったり、事実確認のために取材現場に乗り込んだりと奮闘するさまを描く。

<第2話あらすじ>
悦子(石原さとみ)は、偶然ぶつかった幸人(菅田将暉)に一目ぼれして以来、彼のことが忘れられないでいた。一方、住む場所に困っていた幸人は、自分をモデルにスカウトしてきた悦子の後輩・森尾(本田翼)の家に居候させてもらうことに。そして森尾は、幸人をモデルとして育て始める。

◆木曜日

『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』10月13日スタート(毎週木曜日よる9時、テレビ朝日系)/米倉涼子、生瀬勝久、内田有紀、西田敏行

今作は、「いたしません」「私、失敗しないので」の名セリフでおなじみの異色・孤高・反骨の天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉涼子)の活躍を描く人気シリーズ。最新シリーズでは天敵・蛭間重勝(西田敏行)率いる日本の最高峰「東帝大学病院」を舞台に、医療の本質を見失って「病院の格付け」に躍起になる“白い巨塔”に、鋭いメスを入れる。

<第1話あらすじ>
ニューヨークの中華料理店を訪れたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)の前で、突然、客の妊婦が倒れた。診察した未知子はオペが必要と判断し、客のひとり・久保東子(泉ピン子)が掃除婦として働いているという近所の病院へ患者を運び、見事に命を救う。その様子を目の当たりにした東子は、未知子の腕前に感動。未知子も、日本の大学病院の腐敗ぶりを歯に衣着せぬ物言いでめった斬りにする彼女と意気投合する。

『Chef〜三ツ星の給食〜』10月13日スタート(毎週木曜よる10時、フジテレビ系)/天海祐希、小泉孝太郎、川口春奈、遠藤憲一

今作は、世界中から注目される三ツ星レストランの天才女性シェフ・星野光子(天海祐希)が主人公。パリの名だたるフレンチレストランで修行し、腕を磨いた光子は、銀座の有名フレンチレストラン「La Cuisine de La reine(ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ)」の総料理長を務め三ツ星を獲得するも、オーナー・篠田章吾(小泉孝太郎)とトラブルを起こしてクビに。その後、テレビ番組の企画で"学校給食"を作ったことをきっかけに、さまざまな困難にぶつかりながら前向きに人生を切り開いていく痛快エンターテイメント・ドラマとなっている。

<第1話あらすじ>
三ツ星レストラン「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」の総料理長・星野光子(天海祐希)。副料理長らが出迎えるなか、光子はスペシャリテの鹿の下ごしらえを始めると告げる。しかし、そこへ、オーナー・篠田章吾(小泉孝太郎)が雑誌の記者を引き連れてやってきた。鹿に包丁を入れていた光子を見た篠田は激怒。ゲストの料理評論家に、スペシャリテは鴨だと伝えてあるからだという。翌朝、光子は昨夜料理を食べた料理評論家が食中毒を起こした、と聞かされ…。

◆金曜日

『砂の塔〜知りすぎた隣人』10月14日スタート(毎週金曜よる10時、TBS系)/菅野美穂、岩田剛典(EXILE兼三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、田中直樹(ココリコ)、松嶋菜々子

今作は、タワーマンションを舞台にした本格サスペンス。平凡だが幸せな主婦・高野亜紀(菅野美穂)が家族で憧れのタワーマンションに引っ越した矢先に出会った不気味で恐ろしい隣人・弓子(松嶋菜々子)に、思いもよらない方法で追い詰められていくというストーリー。菅野美穂にとって、4年ぶりの主演ドラマとなる。

<第1話あらすじ>
平凡ながらも家族仲よく暮らしてきた主婦・高野亜紀(菅野美穂)。家族で憧れのタワーマンションに引っ越し、豪華ホテルのようなマンションでの新たな生活にウキウキする一家だったが、それも束の間。プライドや虚栄心にまみれたタワマン主婦たちが作った“タワマンルール”に、振り回されることになる。

◆土曜日

『THE LAST COP/ラストコップ』10月15日第2話放送(毎週土曜よる9時、日本テレビ系)/唐沢寿明、窪田正孝、藤木直人、和久井映見

今作は、ドイツのドラマが原作となった人気シリーズ。日本版では、主演を唐沢寿明が務め、30年間昏睡状態で時代とズレてしまった規格外の刑事を熱演。バディを組む草食系若手刑事役の窪田正孝とのコミカルな掛け合い、派手なアクションが話題になっており、2017年GWに劇場版が公開されることも決定している。

<第2話あらすじ>
京極(唐沢寿明)が横浜の街を爆発から救った動画がインターネットで拡散され、それを見たというジャーナリスト・晴香(片瀬那奈)が取材にやって来た。有頂天になった京極は、警察内部まで晴香と取材クルーを案内することに。世界中の恵まれない子どものためにボランティア活動を行い、現在はアフリカのとある国に在住し、取材のために帰国したのだという晴香。彼女の高い志を聞いた京極は、いたく感動し…。

◆日曜日

『IQ246〜華麗なる事件簿〜』10月16日スタート(毎週日曜よる9時、TBS系)/織田裕二、土屋太鳳、ディーン・フジオカ、中谷美紀

今作は、織田裕二演じるIQ246の天才・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)が主人公の1話完結本格ミステリー。沙羅駆は、生活に困ることなくひたすら学問・知識を追求してきた法門寺家の現当主。常に暇を持て余し、自らが解くに値する謎を求める彼が、世間にはびこる難事件を鮮やかに解決する。

<第1話あらすじ>
北鎌倉に法門寺家という名家があった。やんごとなき人物の末裔で、時の権力者からその存在を隠されてきた法門寺家は、ありとあらゆる学問を研究してきた、中でも犯罪研究に力を入れてきた学究派の家系だ。長男にはIQ246の頭脳が代々遺伝。89代目当主・沙羅駆(織田裕二)も例に漏れずIQ246の天才だった。

『キャリア〜掟破りの警察署長〜』10月16日第2話放送(毎週日曜よる9時、フジテレビ系)/玉木宏、高嶋政宏、瀧本美織、近藤正臣

今作は、1話完結のオリジナル作品。主演の玉木宏が、キャリアの警察署長でありながら、ひょうひょうとした性格で、気になることがあると自ら街に出て事件を解決する遠山金志郎を演じる。

<第2話あらすじ>
北町署で、子どもたちを集めた署内見学会が行われた。発案者はもちろん、署長の遠山金志郎(玉木宏)。実里(瀧本美織)は、その案内係を命じられた。しかし、言うことを聞かない子どもたちに手を焼くばかり。さらに、その中のひとり・友樹(松浦理仁)が、「これでオオカミ男を捕まえられる?」といって手錠を持ち出し、金志郎と南(高嶋政宏)を手錠でつなぐと、何と手錠の鍵を飲み込んでしまった。

『レンタル救世主』10月16日第2話放(毎週日曜よる10時30分、日本テレビ系)/沢村一樹、藤井流星(ジャニーズWEST)、志田未来、大杉漣

今作は、莫大な借金を抱えた、単なる超絶お人好しの明辺悠五役(沢村一樹)が、完全歩合制、営利目的で人々の危機に馳せ参じる“レンタル救世主”として、仲間たちと共に期限付きで痛快爽快に悪を挫く物語。沢村が日本テレビの連続ドラマで主演を務めるのは、今回が初となる。

<第2話あらすじ>
黒宇(大杉漣)が経営する会社で、“レンタル救世主”として働き始めた明辺(沢村一樹)。そんな中、ラジオDJのヒロコ(森カンナ)という依頼人がやって来た。彼女は、自分のラジオ番組のプロデューサー・神保(遠藤章造/ココリコ)がストーカーになり、困っているという。

(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)