ココリコ遠藤章造、2ヶ月半で10kg減 肉体美披露で妻のサポートに感謝

ココリコ遠藤章造、2ヶ月半で10kg減 肉体美披露で妻のサポートに感謝

ココリコ遠藤章造が10キロの減量に成功 (C)モデルプレス

【遠藤章造/モデルプレス=10月11日】お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造が11日、都内にて開催された「RIZAP(ライザップ)新CM披露記者発表会」に出席。約2ヶ月半で9.8kgのダイエットに成功したことを報告し、喜びを語った。

7月下旬から、肉体改造を宣言するビフォーCMが始まった遠藤は、オンエアがちょうどリオ・オリンピックと重なっていたこともあり「辛かった」と回顧。しかし、この夏は海やプールへも行かずに、トレーニングメニューを続け、体重マイナス9.8kg(69.2kgから59.4kg)、体脂肪率マイナス7.0%(20.2%から13.2%)、ウエストマイナス5.5cm(83cmから77.5cm)を実現したことを発表した。

◆妻のサポートに感謝

RIZAPのトレーニングメニューを始める前は、我流でトレーニングはしていたそうだが、ダイエットに成功した現在の心境を「一応、やり遂げたという気持ちはあります」と充実感に満ちた表情。

メニューを続けている間は、2015年12月に再婚した妻の助けが大きかったそうで、炭水化物やごはんを控えてサラダ中心の食事を摂る遠藤と同じものを食べたり、日頃から何気なく声を掛けたりしたエピソードを紹介。遠藤は「(具体的な応援の)言葉はないですけど、ちゃんとやってくれているな」と、妻の助けに感謝していた。

再婚した妻との間にこの夏に生まれた息子は「まだ小さいから分からないのですけど」というも、「奥さんとか、娘とか、褒めてくれたのが嬉しかったですね」とにっこり。

イベントでは、体重が69.2kgだった頃の遠藤のパネルが展示されていたが、そのパネルを指差して「実は、娘はこの僕が好きなんですって」と明かす一幕も。遠藤は「『パパ、別にしゃべりも面白くないし、動きくらいでしょ、面白いの!』と。娘は凄く分かっているので(笑)」と嬉しそうに娘の言葉を紹介。「『動きが面白くなくなるんじゃないの』って心配はあったのですが、実際にこうなったら、『パパ、頑張ったね』って」と娘から褒められたエピソードを語り、笑顔を弾けさせた。

遠藤は、約10kgのダイエットに成功した体を鏡に映すと「惚れ惚れしますね(笑)」とにんまり。「奥様以外の女性に見せたいというのありますよね!」と突っ込まれると、「ないです!」と強く否定していた。

◆小林麻央にエール

また、前日、乳がんで闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央が、自身のブログにて、「運動会」に参加したことを報告した件について、同じ親としての心境を尋ねられると「大変なご病気になられて」と神妙にコメント。「うちの奥さんとかもブログを見て、勇気づけられていたりして凄く力をもらっています」と続けた。慎重に言葉を選びながら、奇跡を期待していますし、治らない病気ではないと思いますので、本当に頑張ってもらいたいと思います」などとエールを送った。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)