菜々緒「ベストジーニスト」初受賞 久々“菜々緒ポーズ”も披露

菜々緒「ベストジーニスト」初受賞 久々“菜々緒ポーズ”も披露

久々“菜々緒ポーズ”を披露(C)モデルプレス

【菜々緒/モデルプレス=10月11日】モデルで女優の菜々緒が第33回「ベストジーニスト2016」を受賞し、11日都内にて行われた受賞式に出席した。

ジーンズのスキニーパンツにジャケットという“デニムonデニム”で登場した菜々緒。一般選出部門にて初受賞し、「夢にも思っていなったので、投票していただきすごく嬉しいです。モデルとしてファッションの賞はなにかしらいただきたいと思っていたので、この賞は嬉しいです」と笑顔を見せた。

この日、菜々緒は圧巻のプロポーションを披露し、会場を驚かせた。スタイルキープ法について聞かれると「家で出来る範囲の筋トレで腹筋とかをやっています」と紹介。「怠け癖がすごいので、その日のうちにやることを決める。ルールを決めないのが継続につながるのかな。テレビを見ながら、お風呂に入りながらとか、ながらできるトレーニングを考案しています」と明かした。

最後には、2012年に発売した写真集の表紙で話題となった、長い脚をクロスしてヒップを突き出す“菜々緒ポーズ”をジーンズ姿のまま披露。「菜々緒ポーズをやってと言ってくれて、すごく嬉しかったです」と満足気だった。

◆「ベストジーニスト」とは

1984年にスタートし、今年で33回目を迎える「ベストジーニスト」は、日本ジーンズ協議会が、ジーンズを着る楽しさを多くの方々に知ってもらおうという趣旨で開催している。

同じく一般選出部門では藤ヶ谷太輔(殿堂入り)、協議会選出部門では草刈正雄、押切もえ、渡辺直美、協議会選出部門・特別貢献賞ではONE PIECE(アニメ)、一般新人部門ではグランプリ・長谷川侑紀、準グランプリ・萩原菜穂が受賞した。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)