新垣結衣×星野源「逃げ恥」可愛すぎる“恋ダンス”フル公開決定 同枠初2桁スタートの反響

新垣結衣×星野源「逃げ恥」可愛すぎる“恋ダンス”フル公開決定 同枠初2桁スタートの反響

新垣結衣×星野源『逃げるは恥だが役に立つ』 可愛すぎる“恋ダンス”フル公開決定(C)TBS

【逃げるは恥だが役に立つ/モデルプレス=10月12日】11日にスタートしたTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(通称:逃げ恥/火曜22時)が平均視聴率10.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録。同枠では初となる初回2桁の好スタートを切った。

原作は月刊「Kiss」(講談社)で連載中の海野つなみ氏の同名漫画。彼氏なし・院卒なのに内定ゼロ、さらには派遣切りにあい誰からも必要とされない辛さ、居場所の無さを強く感じている25歳の主人公・森山みくり(新垣結衣)が、あることがきっかけで恋愛経験の無い独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)と「仕事としての結婚」をすることになる、“夫=雇用主、妻=従業員”という契約結婚を描いた社会派ラブコメディ。初回は2人が事実婚に至るまでが描かれた。

◆火曜ドラマ枠スタート以来、初の初回2桁越え

同局において火曜22時台は長期に渡ってバラエティ番組が放送されていたが、2014年4月からドラマ枠“火曜ドラマ”が新設。第1作の『なるようになるさ。』(第2シリーズ)を除き、主演俳優は一貫して女性が務めていることから、20〜40代の女性層をターゲットとした作品を主力としている。

今作は今年7月にドラマ化を発表して以来、SNSなど多方面で話題に。5日には星野が歌う主題歌「恋」がリリースされ、ドラマスタート前から注目を集めた。放送中、Twitterでは新垣と星野の2人に「可愛い」「萌える」と絶賛の声が上がったほか、キャスト陣が主題歌「恋」にのせて通称“恋ダンス”を踊るエンディングに反響。火曜ドラマ企画スタート以来初の初回2桁越え、また北海道放送(HBC)では平均視聴率16.4%を記録した。

◆“恋ダンス”フルバージョン公開決定

反響を受け、エンディングの“恋ダンス”のフルバージョンが13日にYouTubeで公開されることが決定。ネット上での話題はしばらく続きそうだ。(modelpress編集部)

■TBS火曜ドラマ 平均視聴率&最高視聴率Best5
【平均視聴率】
1位:『ダメな私に恋してください』2016年1月 9.5%
2位:『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』2015年4月 8.8%
3位:『ホテルコンシェルジュ』2015年7月 8.0%
3位:『重版出来!』2016年4月 8.0%
4位:『せいせいするほど、愛してる』2016年7月 7.9%
5位:『なるようになるさ。』(第2シリーズ) 2014年4月 7.3%

【最高視聴率】
1位:『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』2015年4月 10.5%(最終回)
2位:『ダメな私に恋してください』2016年1月 10.3%(8話)
3位:『東京スカーレット〜警視庁NS係』2014年7月 9.8%(初回)
4位:『せいせいするほど、愛してる』2016年7月 9.7%(6話)
5位:『ホテルコンシェルジュ』2015年7月 9.4%(初回)
5位:『なるようになるさ。』(第2シリーズ) 2014年4月 9.4%(初回)

※視聴率はすべてビデオリサーチ調べ

関連記事(外部サイト)