小林麻央「とても癒されました」初めてのこととは

小林麻央「とても癒されました」初めてのこととは

小林麻央「とても癒されました」初めてのこととは (C)モデルプレス

【小林麻央/モデルプレス=10月14日】歌舞伎俳優・市川海老蔵の妻で、乳がんを公表し闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央が13日、自身のブログを更新。とても癒やされたという出来事を明かした。

「がんこ」と題したエントリーでは、小林と同じく乳がん患者と話をしたことを報告。同じ乳がん患者と話をするのは「初めてのこと」だぞうで「同じ病気を通じて知り合えた方」としみじみ。乳がんと一言でいっても「病状によって、全く違いますし、同じ治療をしていても、副作用の出方によって、全く違います」と説明し、「ただそれだけで傷つくこともあるし、落ち込むこともあると思います」と思うところをつづった。

◆小林麻央はがんこ?

「心のお話しができて、とても癒されました」と充実ぶりをのぞかせた小林は「がんこな人はがんになりやすいと、よく聞くけれど、私も、たぶん、がんこです笑」と自己分析。夫の海老蔵には「不動明王ならぬ、不動麻央(まおう)と呼ばれます」と明かし、笑いを誘って「もっと心を柔軟に解放してあげたいです」と語った。

「縛られるものが多いのに、いつも自由」な海老蔵に対して、自身は「自由なのに、いつも何かに縛られています」という小林。「『結婚しても、あなたの人生だから、あなたの好きに生きてください』と、言われたのを思い出します」と述懐し「自分の本当の『好き』を見つけるつもりです」と記してブログを結んだ。

◆市川海老蔵が妻・小林麻央の乳がんを公表 9月よりブログを開設

今年6月、夫の海老蔵が会見で小林が乳がんを患っていることを公表。同日、小林は過去に出演していた日本テレビ系ニュース番組「NEWS ZERO」(毎週月曜〜木曜よる11時、金曜11時30分)でコメントを発表し「家族と一緒に生きる為に、これからも治療に励んでまいります。私は、とっても前向きです!」と伝えていた。

小林は9月に自身のブログを開設。闘病生活や胸の内をありのままにつづっており、がんが肺や骨に転移していることや現在ステージ4であることを公表している。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)