土屋太鳳の激走をファン労い 当時の心境を回顧

土屋太鳳の激走をファン労い 当時の心境を回顧

「日曜劇場 IQ246〜華麗なる事件簿〜」の試写会に登壇した土屋太鳳 (C)モデルプレス

【土屋太鳳/モデルプレス=10月14日】女優の土屋太鳳、俳優の織田裕二、ディーン・フジオカが14日、都内で行われたTBS系連続ドラマ「日曜劇場 IQ246〜華麗なる事件簿〜」(10月16日よる9時スタート)の第1話試写会に出席した。

8日に放送された「オールスター感謝祭」内の「赤坂5丁目ミニマラソン」で、失神寸前の激走が話題となった土屋は、客席のファンから「よく頑張った!」などと労われると「ありがとうございます」と笑顔。当時の心境を聞かれると「小さい頃から織田さんには映像を通して勇気やパワーをいただいていたので、こんな素敵なドラマはないと思いました。それを伝えられればと思って」と明かし「(スタジオ内の)折り返し地点で織田さんと目が合って、それで安心して走れた気がする」と織田に感謝した。

◆土屋太鳳、初の刑事役

今作は、代々ありとあらゆる学問のみを探求してきた法門寺家の末裔・沙羅駆(織田)が、“IQ246”という異能を武器に、世にはびこる難事件を鮮やかに解決するミステリー・ドラマ。各話に石黒賢、佐藤隆太、観月ありさ、国仲涼子らゲストが登場する。

観月との共演に織田は「濃い時間を過ごしました。かなり過激なこともしたので、観月さんが怖がってトラウマにならなければいいなと思うくらいの激しいシーンもあった。観るのが今から楽しみです」と熱演を報告。刑事役初挑戦の土屋は「刑事役にはずっと憧れを持っていたので幸せですし、気合を入れて役柄の時間を噛みしめています」と大役に声を弾ませ、執事役のディーンも「ダイナミックなアクションが出来るように心がけているので楽しみ」と放送に期待を寄せた。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)