朝ドラ「とと姉ちゃん」で話題の相楽樹、渡辺直美から真剣アドバイス「絶対に伝わる」

渡辺直美が朝ドラ相楽に助言

朝ドラ「とと姉ちゃん」で話題の相楽樹、渡辺直美から真剣アドバイス「絶対に伝わる」

朝ドラ「とと姉ちゃん」で話題の相楽樹、渡辺直美から真剣アドバイス「絶対に伝わる」

渡辺直美、相楽樹(C)モデルプレス

相楽樹渡辺直美/モデルプレス=10月15日】1日に最終回を迎えたNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインの妹を演じて注目を浴びた相楽樹と、お笑いタレントの渡辺直美が15日、京都府で開催中の「京都国際映画祭2016」にて行われた特別上映作品『スリリングな日常』の舞台挨拶に出席した。

◆渡辺直美が相楽樹にアドバイス「是非海外も」

舞台挨拶では、同作が台湾で上映されることも発表。「びっくりしました。台湾の人がどう見てくれるか楽しみです」と相楽が驚く一方で、母親が台湾人の直美は「台湾の人って映画大好きなんですよ。そのなかでも、特にホラーが大好き。台湾といえばキョンシーなので、今から入れることはできますか?」と笑いを誘った。

司会のヤナギブソンからは「その先にはハリウッドで活躍も?」と質問された相楽だが、「そうですね…すごい遠い話しなので、とりあえず日本で爪痕をいっぱい残して、その後ですね」とまだ具体的なイメージが沸かないよう。すると、ワールドツアー「Naomi Watanabe WORLD TOUR」で世界を周っている直美は、「すみませんね、先に行っちゃって」と恐縮しつつ、「腰を振る踊りの時に、『フォー』って一緒に盛り上がってくれました」とNYやLAの反応を紹介した上で、「日本と変わらない感覚なので、相楽さんの演技も絶対に伝わると思う。是非海外も視野に入れてもみてください。いざとなったらビヨンセで」とアドバイスを送った。

◆見ていないのに“応援芸人”

同作は、都会の日常に潜むスリリングな出来事を描いた4つの物語を、4人の監督が1本の映画として紡いだオムニバス作品。相楽は、2作品目の『不審者』に出演している。

応援芸人を務める渡辺だが、まだ作品を鑑賞していないようで、作品を見終えた観客、出演者の相楽から置いてきぼり。ヤナギブソンからは「見ていないのに応援芸人をするのは投資と一緒」とツッコミをくらっていた。

◆京都国際映画祭2016

同映画祭は、「京都映画祭」の伝統と志を引き継ぎながら、新たな映画文化の創造をはかるべく2014年より開催。3回目となる今回のキャッチコピーは『京都上ル上ル(あがるあがる)』で、10月13日〜16日まで京都市内を中心に実施。

京都ならではの人材・技術・経験を活かし、伝統文化・芸能も伝承しつつ新たな映画文化の創造を図るべく、京都から全国に、アジア諸地域を含む全世界への発信を目指して、映画祭の輪をより一層広げていく。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)