山崎紘菜の“色気”にざわつく Hey! Say! JUMP山田涼介からの報告明かす

山崎紘菜の“色気”にざわつく Hey! Say! JUMP山田涼介からの報告明かす

月9ドラマ「カインとアベル」先行試写会に登壇した山崎紘菜 (C)モデルプレス

【山崎紘菜/モデルプレス=10月16日】女優の山崎紘菜が16日、都内で行われたフジテレビ系月9ドラマ「カインとアベル」(10月17日スタート 毎週月曜よる9時〜※初回15分拡大)の先行試写会にサプライズ登場した。

◆山崎紘菜、監督の言葉にショック

同作は、Hey! Say! JUMPの山田涼介の月9初主演作となるが、山崎は電話口の声のみの演技を振り返り、「山田さんが『現場で声が流れた時に監督やスタッフが“誰だ、この色っぽい声は?”とザワザワしていたよ』と伝えてくれた。その後に監督から『声だけ色っぽい。画で観た時は全然わからなかった』と言われて、ガーンとなった」と報告。

観客には「そのシーンの時は目を閉じて、私の声だけを聴いてもらえたら」と自虐的にアピールし、笑わせた。

◆山崎紘菜、観客と自ら交流

イベントで山崎は「提案なんですけど、私から聞きに行ってもいいですか?」とステージを降りて、自ら積極的に観客とのQ&Aを敢行。驚く観客たちをよそに客席にズンズン突き進む山崎は、ドラマの感想はもとより「友だちみたいな男性と恋をした事はありますか?友だちだと思っていたら好きになってしまったとか」などと踏み込んだ質問を連発。

男性客から「山崎さんが映像で見るよりも美人」と褒められると「ありがとうございます。それSNSに書いてくれますか?」とユニークに返すなど場を盛り上げ、司会の永島優美フジテレビアナウンサーからは「お話を引き出すのが上手!」と資質を認められていた。

◆新月9「カインとアベル」

今作は、旧約聖書「創世記」第4章に登場する兄弟の名前をタイトルにした作品。旧約聖書の「カインとアベル」は、兄のカインが、神・ヤハウェ(=すべての父)から寵愛を受ける弟のアベルに嫉妬し、“愛への渇望”、“父に認められたい”という普遍的なテーマが描かれている話。今作では、“運命的な兄弟”の姿を描く。

山田演じる主人公の高田優の兄・隆一役は俳優の桐谷健太。山崎は優に片想いする同僚・柴田あかりを演じる。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)