松田凌ら“2.5次元”主役級俳優が地上波ドラマへ イケメンの肉体が水中で躍動「男水!」

松田凌ら“2.5次元”主役級俳優が地上波ドラマへ イケメンの肉体が水中で躍動「男水!」

高校部活水泳漫画「男水!」ドラマ化&舞台化決定/(1段目左から)松田凌、宮崎秋人、安西慎太郎(2段目左から)赤澤燈、佐藤永典、小澤廉(3段目左から)黒羽麻璃央、池岡亮介、廣瀬智紀(C)男水!製作委員会

【松田凌/モデルプレス=10月17日】白泉社・花とゆめ「花LaLaonline」で連載中の木内たつや氏の高校部活水泳漫画「男水!(ダンスイ)」が、2017年1月より日本テレビほかにてドラマ化、2017年5月には舞台化されることが決定。「仮面ライダー鎧武」やミュージカル「薄桜鬼」などで知られる松田凌が主役・榊秀平を演じる。

◆“2.5次元俳優”主役級が勢揃い

松田をはじめ、ライブ・ファンタジー「FAIRY TAIL」の宮崎秋人(篠塚大樹役)、舞台「戦国無双〜関ヶ原の章〜」の安西慎太郎(藤川礼央役)、「美男高校地球防衛部LOVE!活劇!」の赤澤燈(小金井晴美役)、ミュージカル「テニスの王子様」の佐藤永典(滝結太役)、舞台「ダイヤのA The LIVE」の小澤廉(平光希役)、ミュージカル「刀剣乱舞」の黒羽麻璃央(仁科誉役)、残酷歌劇「ライチ☆光クラブ」の池岡亮介(神宮一虎役)らが高校生スイマー役で共演、そして「舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR〜2つの頂上〜」の廣瀬智紀が主人公の高校にやってくるコーチ・川崎亮也役を演じることが決定。アニメや漫画の世界観を再現して舞台化する“2.5次元”のジャンルにおいて主役級の俳優たちが勢揃いし、男子高校生たちの熱い競泳部活ドラマに挑む。

◆原作者も感激「キャスティングすごい!」

松田は「ドラマ、舞台と自分にとって挑戦であり新たな魅力を引き出す一歩であると思います。僕らが織り成す爽やかでも熱い青春を監督をはじめ最高のスタッフとキャストでお届けします。乞うご期待。よろしくお願いします!」と意気込み。原作の木内氏は「選手一人一人が高校水泳という枠組みの中で水泳や自分の気持ちや誰かと向き合う、そんなテーマを目標に描いています。実写という世界で、『男水!』がどんな物語になるのかそわそわしながら眺めていたいと思います」と期待を寄せ、「それにしてもキャスティングすごいなぁ…!!!一生の記念です」と豪華な布陣に喜びを噛み締めている。

また日本テレビの渡部智明プロデューサーはキャスティングについて「2.5次元舞台には、地上波テレビには出ていない、素敵な役者達がたくさんいます。そんな人達と、最近の深夜ドラマにはなかった男だらけの熱い部活ドラマをやってみたいと思いました」とコメント。松永洋一監督は「本番まで鍛えあげた身体を水中に浸し、筋肉の躍動(スイミング)と共に熱いエネルギー(芝居)を放出する俳優さんたちを美しく撮ることが、実写『男水』のテーマになります。ご期待ください」としている。

11月13日には、東京汐留・日テレタワー大階段広場にて、メインキャスト全員が参加予定の「男水!プロジェクト壮行会」と題した無料イベントの開催が決定。キャストがドラマの衣装&メイクで初お披露目される。(modelpress編集部)

■キャストコメント
・松田凌(榊秀平 役)
榊秀平を演じさせて頂きます松田凌です。ドラマ、舞台と自分にとって挑戦であり新たな魅力を引き出す一歩であると思います。僕らが織り成す爽やかでも熱い青春を監督をはじめ最高のスタッフとキャストでお届けします。乞うご期待。よろしくお願いします!

・宮崎秋人(篠塚大樹 役)
今回篠塚大樹役を演じさせていただきます。何度も共演してる役者や、プライベートから仲良くしてる役者達が多く、このメンバーとドラマで共演できることがとにかく嬉しいです。競泳の話なのでしっかりと綺麗に速く泳げるようになるために日々練習しております。正直、かなり難しいですがこれも見所の1つだと思うので楽しみにして欲しいです。

・安西慎太郎(藤川礼央 役)
「男水!」ドラマ&舞台出演に、嬉しくてとてもわくわくしています。僕が演じる藤川礼央はバタフライの選手で、水泳の臨場感やかっこよさを出せるように、現在猛練習中です!男臭さ、熱さ、美しさと、皆さんをドキドキさせたいです!ドラマからそして舞台と違った楽しみ方もできると思いますので、是非期待してて下さい!!

・廣瀬智紀(川崎亮也 役)
川崎亮也役を務めさせて頂きます廣瀬智紀です。原作の持つ水泳の熱さを映像で一生懸命表現できるよう頑張りたいと思います。スポ根系で熱いこのような作品に出演できることはとても嬉しいですし、舞台を中心に仕事をしてきた自分たちだからこそできる作品作りを心がけたいと思います。一緒に盛り上げて応援して頂けたら嬉しいですっ!!

関連記事(外部サイト)