小林麻耶「どんなに怖くても」麻央への思い「また、いつの日か」

小林麻耶「どんなに怖くても」麻央への思い「また、いつの日か」

小林麻央(右)との共演を願った小林麻耶(左) (C)モデルプレス

【小林麻耶・小林麻央/モデルプレス=10月17日】体調不良で休養中のフリーアナウンサー・小林麻耶が17日、ブログにて乳がん闘病中の妹・小林麻央との再共演への願いをつづった。

写真整理中に「2014年10月17日のスポーツ紙」をみつけたという麻耶。「2014年10月21日に妹の病気の告知だったのでこの時は…検査結果待ちだったんですよね」と振り返った。また3年半振りの姉妹共演となったこの時のイベントを「妹がいると安心感があって仕事現場でも家にいるようなリラックス感があったのを思い出しました」と回顧。紙面で笑顔をはじけさせた姿を見て「写真を見ると、私、相当楽しそう!!」とコメントした。

続けて「どんなに怖くても…辛くても苦しくても…1秒でも笑顔になれる瞬間を選べる自分でありたいです」とつづると「笑えるって、強いと思うから。また、いつの日か共演したいな」と姉妹共演に思いをはせた。

◆姉妹の絆に反響

これまでもそれぞれブログを通じ、互いの強い絆をのぞかせている2人。15日には麻耶が笑顔の2ショットを公開し、話題をよんだ。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)