Hey! Say! JUMP山田涼介、初の会社員役で「イケメンが過ぎてる」「私も一緒に徹夜したい」の声殺到 “禁断の愛”幕開け

Hey! Say! JUMP山田涼介、初の会社員役で「イケメンが過ぎてる」「私も一緒に徹夜したい」の声殺到 “禁断の愛”幕開け

Hey! Say! JUMP山田涼介、初の会社員役で「イケメンが過ぎてる」「私も一緒に徹夜したい」の声殺到 “禁断の愛”幕開け(写真左から)桐谷健太、高嶋政伸/「カインとアベル」第1話より/画像提供:フジテレビ

【山田涼介/モデルプレス=10月17日】Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務めるフジテレビ系新月9ドラマ「カインとアベル」(毎週月曜よる9時)が17日、初回15分拡大で放送スタート。今作で初の月9主演、初の会社員役、そして初のラブストーリーに挑戦するなど“初尽くし”となる山田は、主人公・高田優を好演。第1話から、早くも多くの反響が寄せられている。

今作のタイトルは、旧約聖書「創世記」第4章に登場する兄弟の名前から。旧約聖書の「カインとアベル」は、兄のカインが、神・ヤハウェ(=すべての父)から寵愛を受ける弟のアベルに嫉妬し、“愛への渇望”“父に認められたい”と願う普遍的なテーマに迫った話。桐谷健太演じる兄・隆一との“運命的な兄弟”の姿を描いていく。

◆山田涼介がスーツ姿に 倉科カナとの“徹夜”も

「高田総合地所株式会社」の創立50周年記念パーティーが行われるシーンから物語は始まる。パーティーが苦手な優は、父であり社長の貴行(高嶋政伸)のスピーチも聞かず、シャンパンを片手に会場から少し離れた場所へ。そこで、矢作梓(倉科カナ)のドレスにシャンパンをかけてしまったことがきっかけで、2人は出会う。

優は、一社員として貴行の会社で働いているが、できる兄の隆一と何かと比較され、他の社員たちからも冷ややかな目で見られる存在。優自身もわかっているが、そんな時に隆一の一声もあってアウトレットモール開発のプロジェクトチームの一員に抜擢される。同じく、チームの一員として異動してきた梓と再会。互いに何度もテナント候補の店にかけ合い、励まし合っていた。

「頑張ってみようよ」と背中を押し続けてくれた梓だったが、優の提案で一緒にアウトレットモールのジオラマを徹夜で制作している最中で、寝てしまう。優はそんな年上の梓の寝顔を見つめ「寝たのかよ。…子供か」と一言。その後、無事にジオラマを完成させた。

テナント候補に何度も断られていた優だったが、昔の店の味を覚えていたことやジオラマ制作などで熱意が伝わり、出店許可を得る結果に。そんな優の努力に、隆一は驚き、梓も「彼、結構見どころあると思う。人と違うところがあって、セオリーにとらわれない」と称賛。終盤では、隆一が梓を後ろから抱き締め「今度、父に会ってもらいたい」といい、梓も笑顔で頷くシーンが描かれた。

◆新月9「カイアベ」に早くも反響殺到「私も一緒に徹夜したい」「同僚にほしい」

オンエア中、Twitterでは「カインとアベル」「カイアベ」「山田涼介」「倉科カナ」「ジオラマ」など関連ワードが続々とトレンド入りに。「サラリーマンの山田くん、イケメンが過ぎてる…」「月9の山田くん、かっこいいわー。スーツ姿が新鮮」「あぁ、こんな同僚がほしい…そしたら楽しく仕事できるのに」「私も山田くんと一緒に徹夜したいです」などの声が殺到。

さらに、隆一と梓の密着シーンも描かれたことから「なるほど…兄弟で1人の女性を奪い合うのね」「倉科カナちゃんうらやましすぎか!」「倉科カナちゃんがお兄ちゃんの彼女か…」など“禁断の愛”の幕開けに対するコメントも多く寄せられていた。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)