欅坂46土生瑞穂を直撃!約半年でコンプレックスが誇りに…夢を語る

欅坂46土生瑞穂を直撃!約半年でコンプレックスが誇りに…夢を語る

モデルプレスのインタビューに応じた、土生瑞穂(C)モデルプレス

【土生瑞穂/モデルプレス=10月18日】欅坂46の土生瑞穂(はぶみづほ・19)が8日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催されたファッション&音楽イベント「GirlsAward 2016 AUTUMN/WINTER」に出演。バックステージでモデルプレスのインタビューに応じた。

土生は4月に開催された「GirlsAward 2016 SPRING/SUMMER」以来、2度目のランウェイ。「one way」ステージにブラック×ホワイトのチェックのセットアップを着こなして登場した。2度目とあってか、緊張を感じさせず、笑顔を弾けさせるなど、堂々としたウォーキングを披露。グループ随一の長身スタイルを活かし、華やかにステージを彩った。

― 2度目のランウェイはいかがでしたか?

土生:前回は欅坂46から私一人だけで心細かったのですが、今回はメンバー4人(小林由依、土生、平手友梨奈、渡邉理佐)で出させていただいたので、心強かったです。やっぱりメンバーが大好きだなと改めて感じました。

― 前回はランウェイ後にステージ裏で涙を流していましたね。

土生:前回は悔しい思いもしたので、今回はそうならないように練習から頑張りました。メンバーやスタッフさんから「表情が柔らかくなっていて良かったよ」と褒めていただいたので嬉しかったですが、まだまだ今回も納得はできていないです。

― 100点満点でいうと何点ですか?

土生:う〜ん…まだ足りないところがたくさんあるので、60点くらいかな。ランウェイ先端の時の表情、ポージング、もっと意識できることがあったと思います。また機会をいただければ、絶対に自分の中で納得できるランウェイができるように頑張ります。

― ランウェイの先輩から見て、他の3人はいかがでしたか?

土生:3人は初めてなのに、ちゃんと歩けていて圧倒されたし、見ていてキュンキュンしました。負けてられないです。

― スタイルキープ、お肌のケアなど、美容で心がけていることを教えてください。

土生:趣味はアニメを見ること。アニメを見る時間は手が空いているので、その空いている時間を有効に使っています。コロコロでマッサージしたり、ストレッチしたり。時間を無駄にしないようにできることを常にするように心がけています。

― デビューから約半年が経過しましたが、土生さんの中で変わったことはありますか?

土生:姿勢です。昔は身長がコンプレックスだったので、歩く時も猫背になっていましたが、ファッションショーにモデルとして出させていただいてから、誇りになりましたし、もっと身長が高く見えるように歩こうと思えるようになりました。

◆夢を叶える秘訣

― 夢を叶えるために必要だと思うことを教えてください。

土生:諦めないこと。そして笑顔でいること。やっぱり笑顔でいると、周りも笑顔になると思いますし、声をかけてもらいやすいです。周りの協力がなければ夢は叶わないと思うので、笑顔でいることはとても大切だと思います。

― 土生さんの今の夢はなんですか?

土生:自分が着ている服を見て「この服ほしい!」と思ってもらえるようなモデルさんになることです。アニメが好きでコスプレも好きなので、新しいアイドル像を見せていけたらいいなとも思っています。

(modelpress編集部)

■土生瑞穂(はぶ・みづほ)プロフィール

生年月日:1997年7月7日/星座:かに座/身長:171cm/出身地:東京都/血液型:A型
欅坂46のメンバー。“身長171cm”はグループでもっとも高く、モデルにも引けをとらないスタイルを誇る。欅坂46は11月30日に3rdシングル『タイトル未定』を発売。

関連記事(外部サイト)