「non-no」卒業発表の大政絢「自分なりの節目で決断」 ファンに感謝

「non-no」卒業発表の大政絢「自分なりの節目で決断」 ファンに感謝

「non-no」卒業発表の大政絢「自分なりの節目で決断」ファンに感謝(C)モデルプレス

【大政絢/モデルプレス=10月18日】雑誌「non-no」専属モデルで女優の大政絢が17日、20日発売の12月号で同誌から卒業することを発表。自身のInstagramでは、改めてファンへ感謝をつづった。

◆「ぜひ見ていただきたい」“ラストノンノ”への思い

大政は、12月号で単独表紙を飾ったことを報告するとともに「この号にて私はnon-noモデルを卒業します」と発表。「先輩モデルが次々卒業する中、自分自身もどうすべきかずっと考えてきました。大好きなのんのを離れるのはとても寂しいですが25歳という自分なりの節目で卒業を決断しました!」と卒業に至った経緯を明かし、「なのでラストノンノぜひ見ていただきたいです」と呼びかけた。

今後もモデルとして活動していくことも明かした大政。「#ノンノ」「#卒業」「#みんな大好きすぎる」と思いの丈をつづり、18日には笑顔全開の動画を投稿。ファンから寄せられた卒業祝福のメッセージに対し「素敵な言葉みんなありがとう」「#コメント一つ一つ大事に読みました」「#嬉しい言葉いっぱい」と自らの言葉で感謝を述べた。

◆5年間「non-no」看板モデルとして活躍

雑誌「Seventeen」より移籍した大政は、2011年1月号から「non-no」にて活躍。同誌を代表するモデルとして、5年間誌面を華やかに彩った。

卒業する12月号では、表紙のほかファッション&メイク、ロングインタビューなど、彼女の魅力が詰まった特集や、ニューヨーク卒業旅行の様子を掲載している。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)