森川葵、結婚願望・人生観を語る 「迷いもあった」苦悩も

森川葵、結婚願望・人生観を語る 「迷いもあった」苦悩も

森川葵、結婚願望・人生観を語る 「迷いもあった」苦悩も(C)モデルプレス

【森川葵/モデルプレス=10月18日】女優の森川葵が18日、東京・渋谷のNHKで行われたドラマ「プリンセスメゾン」(NHK BSプレミアム、10月25日スタート、毎週火曜23:15〜、全8回)の会見に、俳優の高橋一生、渡辺美佐子と出席。結婚願望をのぞかせる場面があった。

26歳、居酒屋勤務で結婚の予定はないがひとりでマンションを買おうとしている、ミステリアスな主人公・沼越幸を演じる森川。自身の役どころについて「とても強い女の子だなと感じました」といい、「私も周りに支えてもらっているけど、一人で生きていると思うことも多いので」と自身と照らし合わせながら魅力を語った。

結婚やお金ではなく、自分の居場所を探し求める主人公の生き方についても刺激される部分は多いようで「私もいつかは結婚したいです。それに、一人で生きていくとは言えないけれど、自分で自分を支えながら、自分と向き合って生きていけたら」と結婚観や人生観を語り、将来に思いを馳せた。

◆「迷いもあった」役作りに苦悩

原作は池辺葵氏の同名コミック。ゆったりとして独特な雰囲気をもつ作品とあり、森川は「私がこの原作の世界に行くことができるか正直不安だった」と演じた中での不安を吐露し、「どこまで感情を出していいのか迷いもあった」と役作りでの苦労もポツリ。それでも、完成した作品を観て「しっかり世界を作り上げることができたと思って安心しました。原作とは離れすぎていない、ドラマ版の『プリンセスメゾン』を楽しんでもらえたら」と笑顔をのぞかせた。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)