小室哲哉、小林麻央の“勇気”に感服 KEIKO緊急搬送時に重ねる

小室哲哉、小林麻央の“勇気”に感服 KEIKO緊急搬送時に重ねる

小室哲哉(左)が小林麻央の“勇気”にシンパシー(C)モデルプレス

【小室哲哉・小林麻央/モデルプレス=10月19日】音楽プロデューサーの小室哲哉が18日、自身のTwitterを更新。乳がんを公表し現在闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央と、その夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵に向けてコメントした。

◆小室哲哉「ご本人もご家族も素晴らしい」

小林は18日、自身のブログで「枯れないこと」と題し、小室が作詞作曲を担当した安室奈美恵の「RESPECT the POWER OF LOVE」に勇気づけられたことを告白。小室は、自身のTwitterに寄せられた小林のブログに関するファンのコメントを受けて、「ご本人もご家族も素晴らしい」とメッセージを送った。

また、妻でglobeのボーカル・KEIKOがくも膜下出血になった時のことにも触れ、「僕は桂子が倒れたときから、しばらくは感情を吐き出せなく、笑顔もなく、ひとり病院の廊下で涙をただこぼすだけでした」と回顧。さらには、闘病中の心境や出来事などを発信する2人に「ご夫婦で日々を綴る勇気、背中合わせのお気持ち、少しだけわかります」と思いを重ね、「甘いな、僕は」と胸の内を打ち明けた。

◆小室哲哉&小林麻央にファンから反響

小室の元には「私も小室さんの曲で元気をもらっています」「甘いなんて事はないです。小室さんの想いはKEIKOさんにも、みんなにも届いています」など、ファンからのコメントが続々。

一方、小林のブログにも、小室のコメントを受けて「たくさんの方が支えてくれています。麻央ちゃんならきっと大丈夫」と反響が寄せられた。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)