EXILE THE SECOND、子どもの頃の夢は?TETSUYA「道が大きく変わった」

EXILE THE SECOND、子どもの頃の夢は?TETSUYA「道が大きく変わった」

EXILE THE SECOND、子どもの頃の夢は?/(左から)TETSUYA、橘ケンチ、黒木啓司、AKIRA(C)モデルプレス

【EXILE THE SECOND/モデルプレス=10月20日】20日、EXILE THE SECONDの橘ケンチ、黒木啓司、TETSUYA、AKIRAが都内で行われた新CM発表会に出席。子どもの頃に抱いていた夢を明かした。

スポーツを通じて夢を応援するというCMのコンセプトにちなみ、橘は「パイロット」、小学校から高校まで野球をしていたという黒木は「プロ野球選手」と子どもらしい夢を告白。

TETSUYAは小学生の頃から大工の仕事に憧れ、高校は建築科に進学。工務店でのアルバイトを経験したことも明かし、「自分の頭の中でそういうビジョンがあったんですけど、大工さんになった瞬間ぐらいにダンスに出会ってしまって。そこから道が大きく変わっていきましたね」と転機を語った。

AKIRAは「一番本気になった夢は、やっぱりEXILEになることですね」としみじみ。「10代の頃にHIROさんやEXILEのメンバーを見て、“絶対にEXILEになる!”って強く思ったので」と振り返っていた。

◆「EXILEになりたい」少年にエール

イベントでは、夢を持った子どもたちにエールを送る企画を実施。「EXILEになりたい」と話した男の子には、メンバー一同「嬉しい!」「ありがとう!」と笑顔。「いつか一緒に踊ろうね」(TETSUYA)と約束していた。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)