「ひよっこ」号泣…みね子(有村架純)&島谷くん(竹内涼真)の切なすぎる恋の展開に反響

「ひよっこ」号泣…みね子(有村架純)&島谷くん(竹内涼真)の切なすぎる恋の展開に反響

「ひよっこ」出演の竹内涼真、有村架純 (C)モデルプレス

【有村架純・竹内涼真/モデルプレス=7月24日】女優の有村架純がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合/月曜〜土曜あさ8時)の24日放送回にて、谷田部みね子(有村)と竹内涼真演じる大学生の島谷純一郎の切ない恋に反響が集まった。<※以下、ネタバレあり>

同作は、脚本家・岡田惠和氏によるオリジナル作品で、東京オリンピックが開催された1964年から始まる波乱万丈青春記。茨城県北西部のある大家族の農家に生まれた、おっとり、のんびりしたみね子が、行方不明になってしまった父を探し、慣れない都会での生活や突然のトラブルに巻き込まれながらも、“金の卵”の殻を自ら破って成長していく姿を描く。

◆みね子と島谷の恋は…

恋人同士のみね子と島谷。しかし第16週の放送では、島谷が実家の経営難のため縁談をすすめられていた。

島谷から「話がある」と呼び出され、別れ話を予想し向かったみね子。しかしみね子との結婚を決意していた島谷は「家族と縁を切ることになるんだ」と切り出す。そして「僕の好きな人はみね子ちゃんだしずっと一緒に生きていきたい」と縁談を断ろうと思っている事を説明。

喜ぶみね子だったが「良いと思うんだ、お金なんてなくても自分らしく生きられれば」と大学も辞め仕事を探す、という島谷に「まだ子どもなんですね、島谷さん。貧しい、お金がないということが分からないから言えるんです」「お金がない人で貧しくても構わないなんて思っている人は1人もいないと思います。それでも明るくしてるのはそうやって生きていくしかないからです。それなのに島谷さんはみんながほしいと思っているものを捨てるんですか?」「島谷さん、私、親不孝な人は嫌いです」と島谷が“家族を捨てる”ことのないよう、そしてそれに対し島谷がみね子に対して罪悪感を感じることのないように冷たくもとれる言葉で突き放した。

そんなみね子の本心を汲み取った島谷は「ありがとう、素敵な人を好きになってよかった」とみね子へ深々とお辞儀をして店を後にする。思わず追いかけそうになるみね子だったがぐっとこらえ涙を流した。またこの日はみね子の20歳の誕生日。お祝いに来た時子(佐久間由衣)の胸で「(島谷に)まだ、ありがとうって言ってない」と号泣するのだった。

◆視聴者も涙

これまで幸せたっぷりに描かれてきたみね子と島谷の恋の切ない恋の展開に視聴者からも涙の声が。「わあああ、今週1発目から泣いた」「予想してたよりずっと悲しいお別れじゃん…」「お互い好きなのに切ない」「みね子的に家族を捨てさせることはできないよなあ…泣ける」「2人とも別の道で幸せに生きていて欲しい」などの感想がネット上に多数上がっていた。(modelpress編集部)

情報:NHK

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)