小松菜奈、雨の中の撮影で“水も滴るいい女”「かえって新鮮」

小松菜奈、雨の中の撮影で“水も滴るいい女”「かえって新鮮」

小松菜奈(画像提供:ライトハウスメディア)

【小松菜奈/モデルプレス=7月25日】女優の小松菜奈が、24日発売の雑誌「OCEANS」2017年9月号に登場した。

小松は「#TATERUガールズ 〜君のいる部屋〜」と題された連載に登場。同連載では、毎回旬の女優やタレントが登場し、彼女たちの飾らない日常の姿を撮り下ろす。

12歳の頃からモデルをしており、当初は女優になりたいとは思っていなかったと明かす彼女は、女優デビューしてから、今日までの移り変わりや、8月4日に公開される映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の魅力を語った。

◆雨の中での撮影で「かえって新鮮な気持ち」

今回の撮影は「雨の中の撮影でしたけど、それもかえって新鮮な気持ちになれて楽しかった」と語るように、梅雨空の下傘を片手に行われたが、昨年20歳を過ぎてますます女性として磨きがかかった“水も滴るいい女”の表情を収めた。

同連載は、アートディレクター・岡田考功氏(FIRSTORDER)とライフスタイルマガジン「EYESCREAM」を創刊から12年間手掛けた元編集長・稲田浩氏(ライスプレス)がタッグを組み、同誌初となる女性にフォーカスを当てた企画となっている。(modelpress編集部)

■小松菜奈 コメント

カメラマンの藤代(冥砂)さんとご一緒するのは今回が初めてでしたが、とても雰囲気のある素敵な写真を撮られているので楽しみにしていました。今日は雨の中の撮影でしたけど、それもかえって新鮮な気持ちになれて楽しかったです。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)