山下智久主演「コード・ブルー」第2話視聴率発表 月9ドラマで3年ぶりの快挙 今日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】

山下智久主演「コード・ブルー」第2話視聴率発表 月9ドラマで3年ぶりの快挙 今日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】

山下智久主演「コード・ブルー」第2話視聴率発表 月9ドラマで3年ぶりの快挙/(前列左から)比嘉愛未、新垣結衣、戸田恵梨香、浅利陽介(後列左から)馬場ふみか、成田凌、椎名桔平、安藤政信、新木優子(C)モデルプレス

【デイリーランキング/モデルプレス=7月25日】7月25日にモデルプレス内で読まれたニュースをランキング形式でご紹介。

25日は、前日放送の『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』のニュースが上位に多数ランクイン。

◆5位:藍沢(山下智久)にキス、白石(新垣結衣)&緋山(戸田恵梨香)に毒舌 ニューハーフの強烈キャラ“メリージェーン洋子”再登場が話題<コード・ブルー第2話>

フジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(毎週月曜よる9:00〜※15分拡大)の第2話が24日、放送された。ラストシーンではこれまでのシーズンの名物キャラクターが登場し、話題を呼んでいる。

救命医療という重いテーマを扱い、一瞬も見逃せないほどの緊張感が見どころの同作だが、ファンにとってはくすりと笑えるコメディーパートも魅力の1つ。第2話のラストでは、勤務を終えた白石と緋山がニューハーフの大山恒夫(自称:メリージェーン洋子/古本新乃輔)が経営するバー「めぐり愛」を訪れるシーンが登場。さらに藍沢も偶然立ち寄り、洋子からほっぺにキスをされる熱烈な歓迎を受けた。

◆4位:藍沢先生(山下智久)の魅力全開!スパルタ指導からの「よくやった」に胸キュンの声殺到 黒田先生を思い出す人も<コード・ブルー第2話>

『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』第2話。視聴者からは俳優の山下智久演じる主人公・藍沢耕作に大きな反響が集まっている。<記事内ネタバレあり>

◆3位:ジャスティン・ビーバー、東京公演含む世界ツアー中止を発表

カナダ出身R&Bシンガーソングライターのジャスティン・ビーバーが25日、自身のフェイスブックにて世界ツアー「パーパス・ツアー」の残り全14公演をキャンセルすることを発表した。

◆2位:乃木坂46「泣いたっていいじゃないか?」初披露 センター高山一実<高校生クイズ>

乃木坂46が25日、都内で開催された夏の風物詩「第37回全国高等学校クイズ選手権」の全国一斉大会関東会場に番組サポーターとして参加。応援ソング『泣いたっていいじゃないか?』を初披露した。

センターは高山一実、両脇に白石麻衣と西野七瀬という布陣。高山は「テーマソング『泣いたっていいじゃないか?』今日初披露だったんですけど、こうして高校生の前で披露できてすごく楽しかったです。なんか気分が上がっていて上手く言葉にならないんですけど、みんなが盛り上がってくれたおかげで、緊張が楽しさに変わった。初披露は大成功だったんじゃないかなって思います」と笑顔を見せた。

◆1位:山下智久主演「コード・ブルー」第2話視聴率発表 月9ドラマで3年ぶりの快挙

1位もドラマ『コード・ブルー 〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(毎週月曜よる9時〜※15分拡大)の話題から。第2話の平均視聴率は15.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

初回視聴率は16.3%で好発進。2週連続での平均視聴率15%超えは、“月9”ドラマとして『HERO』(2014年7月期)以来、3年ぶりとなった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)