「恋んトス」”史上最強の小悪魔モテ女”が話題 男子メンバー3人が熾烈な争奪戦

「恋んトス」”史上最強の小悪魔モテ女”が話題 男子メンバー3人が熾烈な争奪戦

まゆ/撮影:柳内良仁(C)TBS

【恋んトス/モデルプレス=7月30日】TBS系恋愛バラエティ番組『恋んトス シーズン6』(毎週木曜深夜1:43〜)の第3話が、27日深夜に放送された。1人の女子メンバーに男子メンバーからの恋の矢印が集中し、話題を呼んでいる。

◆見知らぬ男女が恋愛を繰り広げる「恋んトス」

同番組は、運命のカギを握る1枚の「コイン」による指令の元、予測不能の恋物語を繰り広げていく恋愛バラエティ。

前半の舞台は「真夏の宮古島」。「恋をしたい!」と集まった見知らぬ男女7人が宮古島で共同生活をしながら、宿泊施設での接客やメンテナンス、DIYなどのリゾートバイトを通じて、絆を深めていく。

初回の放送では、女子メンバーの1人が女優の有村架純の実姉で、タレント・グラビアアイドルとして活動する有村藍里であることが発覚し、大きな反響を呼んでいた。

◆男子メンバー4人中3人がぞっこん?

話題を集めているのが、笑顔の可愛い居酒屋看板娘のまゆ(21)。そのキュートなルックスと天真爛漫な振る舞いに、本屋アルバイトの龍之介(23)、カナダ人ハーフの大学生・健一(23)、元自衛隊員のワイルド系・トラヴィス(21)と、男子メンバー4人のうち、現在3人が心を掴まれている様子で、第3話ではまゆをめぐる熾烈な争いが明らかとなった。

宮古島の熱帯植物園での自由時間、男女ペアを組んでまわることとなり、トラヴィスがいち早くまゆをお誘い。健一も申し出るがじゃんけんで負けてしまい、1人で時間を過ごすこととなる。

トラヴィスからお姫様抱っこされて帰ってくるという衝撃的な姿を目の当たりにした健一だが、合流するとめげずにまゆにアタック。お菓子をくれた少女のお礼にストラップ作りをした際に、まゆにも作ったストラップを渡す。

しかし、実はトラヴィスからも同じお店のストラップをプレゼントされていたまゆ。まゆの好きな黄色と色も同じで、部屋に戻ったまゆはスタッフに、「こっちがトラヴィスがくれた既製品のやつね、こっちが健一が手作りで作ってくれたやつ」と2つを並べて見せ、「かぶっちゃったね」と困り笑顔で一言。状況を楽しんでいるようなモテ女なりの言葉にスタジオには衝撃が走り、MC陣は「いじってるやん、こわー!」とツッコミを入れた。

◆小悪魔っぷりにスタジオは衝撃

さらに、この日は藍里を誘った龍之介だが、まゆは「本当は私を誘おうと思ってたと思う」と予想。全員で手を繋いで写真を撮った際に、撮影が終わり、他の人が手を離したタイミングで龍之介が強く手を握ってきたことを打ち明けた。

なお、もう1人の男子メンバーでパーソナルトレーナーのユウ(22)の矢印は現在不明。「毎晩女性メンバーを指名しハグする」という指令を受けているユウは1日目には藍里、2日目にはまゆを指名していた。

スタッフから「これでユウを攻略すればコンプリート?」と投げかけられたまゆは「ユウが私に来たら大波乱ですよね。どうしたらいいん?」と頭を抱え、その小悪魔っぷりにスタジオの藤田ニコル(にこるん)は、「皆気づけー!」と叫んでいた。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)