石田ゆり子を星野源が絶妙フォロー 会場和むほんわかトーク<プラージュ>

石田ゆり子を星野源が絶妙フォロー 会場和むほんわかトーク<プラージュ>

星野源、石田ゆり子 (C)モデルプレス

【星野源・石田ゆり子/モデルプレス=7月31日】31日、都内にて「連続ドラマW プラージュ 〜訳ありばかりのシェアハウス〜」(8月12日スタート/WOWOWプライム、毎週土曜よる22時〜)完成披露試写会&舞台挨拶が行われ、主演を務める俳優で歌手の星野源をはじめ、石田ゆり子、仲里依紗、眞島秀和、中村ゆり、スガシカオ、渋川清彦、吉田康弘監督が登壇した。

昨年大きな話題を呼んだドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で共演した星野と石田。今作では、“訳あり”のシェアハウスの住人(星野)と住人たちを優しく見守るオーナー(石田)という間柄を演じる。

石田は演じた潤子という女性について「本当に人としてこういう気持ちで生きていけたらいいなと思うような母性の塊の人です。私は潤子さんと比べると足元にも及ばない人間なので、こういう人になりたい…」と謙遜しながら役柄を紹介した。すると、隣の星野が「そんなことない」と優しくフォロー。石田は照れ笑いを浮かべながら「ありがとう」と返し、穏やかなやりとりで会場を和ませていた。

◆“訳あり”が集うシェアハウスが舞台

同作は“訳あり”な7名が住むシェアハウス「プラージュ」を舞台に、さまざまな過去や罪を背負う厄介者たちの人間ドラマを描く、涙とユーモアにあふれたエンターテインメントミステリー。

星野は、旅行代理店に務める会社員から思わぬことで前科者になってしまった吉村貴生を演じる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)