米倉涼子、バースデーサプライズに豪快な宣言

米倉涼子、バースデーサプライズに豪快な宣言

米倉涼子、バースデーサプライズに豪快な宣言(C)モデルプレス

【米倉涼子/モデルプレス=8月2日】女優の米倉涼子が2日、主演する来日版ブロードウェイミュージカル『CHICAGO(シカゴ)』のプレスコールを都内で行った。

◆サプライズに喜び 抱負を宣言

本番さながらのリハーサル後には、昨日42回目の誕生日を迎えた米倉にサプライズのバースデーケーキと、主要キャストからの美声をきかせた「HAPPY BIRTHDAY」の生歌がプレゼントされた。

この粋な祝福に満面の笑みを浮かべた米倉は「とりあえずこれ(『CHICAGO』)を終わらせます。終わったらどうしようかなぁ…とりあえず呑む!」と42歳の抱負を豪快に宣言した。

◆米倉涼子、日本公演でも全編英語で挑む

5年ぶり2度目のニューヨーク公演を成功させたばかりの米倉は、今回の日本公演でも全編英語で挑む。米倉は「皆さんとは初対面なのでドキドキしながら。それぞれやり方やパーソナリティーが違うのでドキドキしながらエキサイトしていましたね」とリハでの心境を打ち明けながら、引き続き演じたロキシー役には「やっぱり楽しい!」と手応え十分。

同舞台の魅力については「観ていてもやっていても無駄のない人数で必要なものしかないミュージカル。主役だけではなく本当にキャスト、オーケストラにまで気持ちが行き渡っている。全部が1つになっているミュージカル」と話した。

ニューヨーク公演でもコンビを組んだ女優アムラ=フェイ・ライトは、米倉を「ドキドキして怖かったと思うけれど、彼女の英語は素晴らしく、素晴らしいロキシー像を作ってくれた」と絶賛。「ここまで来るのにどれだけ努力が必要だったか…カンパニーの皆が大好きなロキシーです」と太鼓判を押していた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)