乃木坂46卒業発表の中元日芽香 今年、活動休止から復帰 これまでを振り返る<略歴>

乃木坂46卒業発表の中元日芽香 今年、活動休止から復帰 これまでを振り返る<略歴>

中元日芽香(C)モデルプレス

【中元日芽香/モデルプレス=8月6日】乃木坂46の中元日芽香がグループから卒業することを6日、ラジオ番組「らじらー!サンデー」(NHKラジオ第1/毎週日曜よる9時5分〜)にて発表。ここでは中元のこれまでを振り返る。

中元は1996年4月13日生まれ、広島県出身。「ひめたん」の愛称で親しまれる。

2011年8月に乃木坂46の1期生オーディションに合格し、芸能界入り。翌年2月、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」のカップリング曲「左胸の勇気」「失いたくないから」でCDデビューを果たす。

2013年11月には7thシングル「バレッタ」で初の選抜メンバーに選出。2015年3月、11thシングル「命は美しい」のカップリング曲「君は僕と会わない方がよかったのかな」では初のセンターポジションを務めた。

今年1月には体調不良のため活動を休止することを発表し、4月より活動を再開していた。

◆中元日芽香、卒業を発表

ラジオでは、卒業の理由について「大きいところでは、体調が優れない日が多いなぁというのがあります」と説明。19thシングルには不参加、さらに今月11日から行われる乃木坂46の全国ツアーも全て欠席する。

また乃木坂46の公式サイトでも「乃木坂46のメンバーとして活動しております中元日芽香ですが、乃木坂46を卒業することとなりました」と発表。卒業の時期は現在調整中としている。(modelpress編集部)

情報:NHKラジオ第1

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)