緋山(戸田恵梨香)の告白にキュン!“うろうろ”も笑顔も可愛い…名取(有岡大貴)に視聴者は?<「コード・ブルー」最終話放送>

緋山(戸田恵梨香)の告白にキュン!“うろうろ”も笑顔も可愛い…名取(有岡大貴)に視聴者は?<「コード・ブルー」最終話放送>

戸田恵梨香、丸山智己/「コード・ブルー」第7話より(画像提供:フジテレビ)

【コード・ブルー/モデルプレス=9月19日】18日、フジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(毎週月曜よる9:00〜※30分拡大)の最終話が放送された。戸田恵梨香演じる緋山美帆子の恋の行方にも反響が集まった。<※ネタバレあり>

同作は、2008年7月にスタートし、翌2009年1月にスペシャル放送、2010年1月に「2ndシーズン」が放送された人気ドラマの最新シリーズ。“ドクターヘリ”に乗り込むフライトドクターを目指し、若い医師たちが真摯に命と向き合う姿を描いた作品。俳優の山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介らが、救命救急の最前線で活躍する一人前の医師・看護師を演じた。

◆これまでの2人

緋山は手足を自由に動かせなくなってしまった担当患者で料理人の緒方博嗣(丸山智己)と恋に落ちる。

緒方がリハビリテーション科に転科した後も交流を続け、両思いだった2人だが、前いた周産期医療センターの上司から医局長として戻ってきてほしい、と打診された緋山に、緒方は「障害がある俺と一緒にいたら夢を追うどころじゃない」と、身を引くことを決意。

店のオーナーだった元妻の「店を大きくする」という夢を自身の怪我で絶ってしまった緒方は「好きな女の夢を二度も失いたくない」と緋山に切ない別れを告げていた。

◆最終話で2人の恋は…

最終話、緒方を前に「周産期医療センターに、(指導する)フェローの名取。私を必要としている人が多くて本当に困る」とウロウロと落ち着かない様子で歩きながら切り出した緋山。「でも私は大丈夫。誰よりも欲張りだから。それに誰よりも努力が好きだから。徹夜続きで肌がボロボロになっても何日もお風呂に入れなくても全然平気」と続けると「手がかかる彼氏がいるのも、せいぜいそのひとつ。私はあなたがいるからって夢を失ったりしない。あなたがいるから、夢に向かってもっと努力したいって思える。その体じゃ私を支えられないって思っているなら、その分心で支えて」と緒方へ思いを告げた。

緋山の告白を聞き、緒方も「まかせとけ。心は誰よりも丈夫だ」と力強くうなずき「知ってる」と満面の笑みを浮かべた。

この2人のハッピーエンドに、ネット上では「緋山先生が幸せそうで良かった…」「うろうろする緋山先生可愛すぎか」「緋山先生可愛かったなぁ…素敵シーンすぎた」「緋山せんせーと緒方さんがうまくいってホントよかった」「告白めっちゃキュンキュンした。ストレートで良いなあ」などの声が。また緋山へ思いを寄せているような描写がなされていたフェロー・名取颯馬(Hey! Say! JUMP有岡大貴)については「緋山・緒方くっついたのに喜んでたんだけど、名取先生失恋したという事実に今気づいた」「名取先生を慰めたい」「名取先生とは師弟関係かな?」といった声も上がっていた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)