「コード・ブルー」映画化決定 今日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】

「コード・ブルー」映画化決定 今日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】

「コード・ブルー」映画化決定(前列左から)比嘉愛未、新垣結衣、戸田恵梨香、浅利陽介(後列左から)馬場ふみか、成田凌、椎名桔平、安藤政信、新木優子 (C)モデルプレス

【デイリーランキング/モデルプレス=9月19日】9月19日にモデルプレス内で読まれたニュースをランキング形式でご紹介。

19日は前日18日に最終回を迎えた『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』が多数ランクイン。

◆5位:「コード・ブルー」最終話視聴率を発表

歌手で俳優の山下智久が主演を務めたフジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー 〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(毎週月曜よる9時〜※最終話は30分拡大)の最終話が18日に放送され、平均視聴率が16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

◆4位:マツコがSexy Zone菊池風磨を気に入っている理由

Sexy Zoneの菊池風磨(22)が18日放送の日本テレビ系『月曜から夜ふかし』(月曜夜23時59分)にゲスト出演。MCのマツコ・デラックスは菊池のことがお気に入りであることを明かした。

嵐などジャニーズグループの作曲を手がけるシンガーソングライターを父に持ち、13歳でジャニーズ事務所に入所、2011年にSexy Zoneとしてデビュー。2013年には芸能活動のかたわら慶應義塾大学総合政策学部に入学し、今年3月に卒業。“まさに顔良し、頭良しのインテリジャニーズ”という経歴が紹介されると、マツコは「あたし実はちょっとね、好きなんですよ」と告白。「ヤンチャな感じがね。ジャニーズっぽくないよね。マッチ(近藤真彦)っぽいところがあるんだよね」とマツコ目線で魅力を語った。

◆3位:「コード・ブルー」最終話放送、反響は?冒頭10分でトレンド入り

『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』最終回のニュース。

地下鉄開通前の線路内で崩落事故にて、少年をかばい生き埋めになってしまった藤川(浅利陽介)。周りには自分と少年以外誰もいない。そんな状況下でも泣き出す少年を励ます藤川。冒頭10分の藤川の姿に「まさかの展開…もう涙が止まらない」「藤川先生の優しさに今日も泣く」「藤川先生がカッコ良すぎる…冴島先生のためにも死んじゃダメ」「お願い生きて!ダメだよ、大切な人を残して死ぬなんて」など“藤川先生”がいきなりTwitterのトレンド入りした。<※記事内にネタバレあり>

◆2位:藍沢(山下智久)&白石(新垣結衣)のラストシーンが胸熱<「コード・ブルー」最終話放送>

続いても『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』最終回のニュースから。

山下智久&新垣結衣が演じた藍沢と白石が今後の決意を語り合うシーンも大きな反響を集めた。<※記事内にネタバレあり>

◆1位:「コード・ブルー」映画化決定

3位、2位に続き、『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』の話題が1位に。最終回の放送ラストで2018年に映画化されることが明かされた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)