“菅田将暉の育て方”経営コンサルタントの父が明かす

“菅田将暉の育て方”経営コンサルタントの父が明かす

菅田将暉 (C)モデルプレス

【菅田将暉/モデルプレス=9月22日】俳優の菅田将暉が22日放送のNHK「あさイチ」(月〜金、あさ8時15分)のプレミアムトークに生出演。生い立ちや素顔に迫る中で、父親からのコメントが紹介された。

菅田の父は経営コンサルタントでセミナーを開いたり執筆活動も行う。教育方針については「私が主催する経営者セミナーの受付や資料配布の手伝いをあえてさせて、色々な業界の社長の考えを間接的に聞かせていました。大人の仕事の実態や社会の成り立ち、社長たちの努力、苦労、責任感、使命感、潜在能力を学ばせていました」と紹介。

このコメントを聞き、“息子”将暉は「なるほどね」とニヤリ。番組出演前、家族間で「あさイチ録画!あさイチ録画!」との連絡が頻繁に飛び交っていたことを明かし「オヤジ妙に力入ってんな、と思ったら自分が出るからだったんですね」と腑に落ちた様子で笑いを誘った。

◆トイレに貼ってある「家訓」は

“家訓”はトイレに貼ってあるという「できるできる、私はできる」。菅田は「オヤジの口癖。舞台とかで公演本番だっていう時の袖とかで『できるできる』って自分に言い聞かせている時に思い出す」と体に染み付く父親譲りのポジティブ精神を語る。

また“息子が自分と似ていて嫌な所”は「体が硬い、ストレスを溜めやすい、女性に弱い、恋愛ベタ」とし、これには菅田も「何を思って急にそんな暴露を…」と思わず照れ笑い。今後望むことについては「語学の勉強をして、ハリウッド映画でトム・クルーズと共演してほしい。家庭面では子育ても経験しながら明るく楽しい家庭を持ってください」とメッセージを送っていた。

“何でもチャレンジする精神”で、最近は歌手としての活躍も目覚ましい菅田。父はいつか息子が歌うステージのバックでギターを弾くのが夢であるようで、密かにギター練習に励んでいることや「もっと歌い込んで早く父親並の歌唱力になってほしい」との願望も打ち明けていた。

菅田は今月24日から大河ドラマ「おんな城主 直虎」に井伊家の嫡男・直政役で出演する。(modelpress編集部)

情報:NHK

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)