“モテるために生きてる”ゆうこす、ニートから会社設立 ブレイクの理由は?

“モテるために生きてる”ゆうこす、ニートから会社設立 ブレイクの理由は?

菅本裕子(C)モデルプレス

【菅本裕子/モデルプレス=9月23日】モテクリエイターとして活躍する“ゆうこす”こと菅本裕子が23日、都内にて開催された著書『SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方』発売記念サイン会に登場。ブレイクの理由を語った。

1年半前までは“ほぼニート”。しかし現在はフォロワーは累計76万人(Instagram、Twitter、YouTube、LINEなど)と、女子に支持され、「モテクリエイター」としてSNSを中心に雑誌やメディアで活躍するゆうこす。ほぼニートから、22歳にして会社設立を叶えた。

◆ブレイクの理由は?

そんなゆうこすは「昨年1月にInstagram始めました。でもInstagramだけだったら今のように好きなことを仕事にできていたか分からないと思います。InstagramやYouTubeなど色んなSNSに挑戦したから今、楽しい仕事が出来ている」と現状を分析し「これをきっかけにブレイクした、というよりも地道に色んなSNSをやってきたからだと思います」とブレイクの理由を語った。

また、ここまで頑張れた原動力を問われると「私がSNSを誰よりも好きSNSの中で全員に好かれようと思って発信してたら疲れてしまったと思うんです。だけど私は私の事を好きでいてくれる人だけを大切にして、好きなことだけを発信していたので、苦しいとかくじけるとかはあまりなかった。好きなことだけを発信していたら、私の事を好きな人だけ残った。昔はアンチもいたが、今は全然いなくて。フォロワーの仲間がいたから、毎日キツイことがあっても頑張れました」とにっこり笑顔で明かした。

さらに「InstagramやYouTube、SNSを始めたことをきっかけに会社をたてたりして。SNSは夢をかなえる場所なんだというのを多くの人に伝えたかった。皆に勇気を与えられる本を作りたいと思いました」と同書を執筆した動機も紹介。「SNSで夢を叶えたい人、夢がある人、ネガティブだけどポジティブになりたい人にはもちろん読んで欲しいけど、マーケティングとかビジネス的にも役立つと思うのでそういう人にも読んで欲しいなって思います」とアピールした。(modelpress編集部)

■菅本裕子(すがもとゆうこ)プロフィール

1994年5月20日生まれ。「モテるために生きてる!」、「モテクリエイター」と宣言。貪欲なまでの自己プロデュース力の高さでSNSで20代女性から熱烈な支持を集める。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)