ゆうこすのイベントがモテ満載だった…なんでも可愛い20分間

ゆうこすのイベントがモテ満載だった…なんでも可愛い20分間

ゆうこすのイベントがモテ満載だった…なんでも可愛い20分間(C)モデルプレス

【菅本裕子/モデルプレス=9月23日】モテクリエイターとして活躍する“ゆうこす”こと菅本裕子が23日、都内にて開催された著書『SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方』発売記念サイン会に登場。約20分に渡る取材ではゆうこすの“モテ”を感じる瞬間が盛り沢山だった。

◆ファッションが可愛い

ゆうこすはこの日、Vネックの黒ニットにくすんだカラーのワイドワンツ(上下ともに『DEICY』/デイシー)を合わせたコーディネート。足元はブラックの厚底サンダル(『EMODA』/エモダ)で引き締めたスタイルで登場した。このファッションについて「モテを意識した?」と質問が飛ぶと「もちろんです!」とにっこり。「今日のために一昨日買いました。Vネックにくすみピンクで秋を先取りしました」と話した。

◆行動が可愛い

イベントでは、肩紐が緩かったのか、肩から紐がずれると「すぐ落ちちゃう」と恥ずかしそうに微笑む、足元に記者のボイスレコーダーが置かれると「こうやって喋った方が良いんですか?」と下向きになって話そうとする、など“素直すぎる”行動でその場を和ませるシーンも多数。握手会では、ファンへ「久しぶりー!」「いつもありがとう」と笑顔で気さくなトーク。「インスタも見たよ」と女性ファンが投稿したInstagramの感想を述べるなどファンに寄り添った姿が印象的だった。

◆ゆうこすが分析 モテる理由は?

またモテる理由を問われると「ポジティブな人のところには人が集まってくると思うので、常に笑顔で常にポジティブで(いる)。ネガティブな事があっても、ポジティブに転換して常にポジティブでいられるように心がけています」と微笑んでいた。(modelpress編集部)

■菅本裕子(すがもとゆうこ)プロフィール

1994年5月20日生まれ。「モテるために生きてる!」、「モテクリエイター」と宣言。貪欲なまでの自己プロデュース力の高さでSNSで20代女性から熱烈な支持を集める。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)