香取慎吾&草なぎ剛「新しい地図」結成までの道のり、ファンへの想いをたっぷりトーク ビジュアルは誰が描いた?

香取慎吾&草なぎ剛「新しい地図」結成までの道のり、ファンへの想いをたっぷりトーク ビジュアルは誰が描いた?

新しい地図オフィシャルサイトより

【香取慎吾・草なぎ剛/モデルプレス=9月24日】草なぎ剛と香取慎吾がパーソナリティーを務めるラジオ番組『ShinTsuyo POWER SPLASH』(bayfm、毎週日曜よる7時)が24日、オンエアされた。

この日の放送は、22日に行っていたフジテレビ系バラエティ番組「おじゃMAP!!」の撮影途中に実施したそうで、スタジオには山崎弘也も登場。番組の後半では、香取、草なぎ、そして稲垣吾郎の3人が22日よりスタートさせてファンサイト「新しい地図」について語った。

◆ファンへの思い

同日、一部新聞紙上に見開き広告を掲載し、ファンサイトの開設を報告。香取は「新聞はね、去年から現在に至るまでたくさんのメッセージをくれて、皆さんの言葉に本当に助けられた。それに感謝の気持ちを返したいということで、誌面をお借りして、こういう形で発表させていただきました」とファンへの思いを吐露。草なぎも「(新聞を)見て励まされていたので、まずはそこにお返ししたいという3人の思いから、この『新しい地図』のプロジェクトを出発させようと」と経緯を明かした。

また、草なぎは「色々やりたいことがいっぱいで、ようやく始まったなって」としみじみ。「今日もケータイみたらさ、『おじゃMAP!!』の公式で写真を2人の写真とか挙げてるの。『今までにないな』みたいな“始まってる感”はある」と新たな歩みを自覚しているようだった。

◆香取慎吾&草なぎ剛「皆さんと描いていきたい」

そして、香取から「『新しい地図』はなんですか?」と質問された草なぎは、「自分の好きな所とか、方角を決めても決めなくてもいいし、色んなところに飛び出して新しいことを始めたい」と開拓心をあらわに。対して香取は「今日も『おじゃMAP!!』で一緒にいて、このラジオも毎週毎週つよポンとやってるから、ずっと2人で話してるけどさ…稲垣吾郎もね…」と思いやり、「ゴローちゃんとつよポンと僕とで色々今後のこととか話す中で、それぞれ個人の思いが1つになって、自分たちの決断で『よし、やりましょう』って言ったら、プロジェクトチームが動き始めてくれて、賛同してくれる方が凄くいて…」と道のりを思い返した。

さらに、草なぎも「僕ら3人の意志とか、決断とかをすごく上手く汲んでくれて、映像にしてくれたり、地図にしても、空の背景1つにもこだわってくれて、3人の未来にむけて頑張るっていう気持ちを最高なベストな形にしてくれた」と感謝。

最後には「『新しい地図』を3人で作りましたけど、今はまだ真っ白です。一緒に参加してくる皆さんと地図を大きく広げていきたい」、「慎吾の絵じゃないけど真っ白なキャンバスに色んな絵を描いていきたい。また。消してもいいし」、「どんなデカさになるかわからない新しい地図を皆さんと描いていきたいですね」と口々にファンへメッセージを送った。

◆ビジュアルの正解は…

その後、3人で描いたという「新しい地図」ビジュアルについてトーク。草なぎは「大体みたら(誰が描いたか)わかるんじゃないかな。『S』が慎吾、『W』と『E』がゴローさん、『N』がオレ。『新しい地図』の文字は、『新しい』が慎吾、『地』はオレ、『図』がゴローさん、矢印は…わかんない、オレ?」と振り返るが、まさかの「不正解」。

香取曰く「(草なぎの回答の中で)間違いが2個」だそうだが、「正解はまたいつか」と答え合わせは持ち越された。

◆ザキヤマ、困惑

2人の真剣な話しが終わると、曲をかけることになり「『新しい地図』をお祝いするかのようにザキヤマ(=山崎)さんからリクエストで」と無茶ぶり。「ムリムリムリムリ」と拒む山崎は、なんとかマイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」を選ぶも採用されず。

再び「ハッピーな曲」という追加要求を踏まえて、マイケル・ジャクソンの「ビート・イット」を絞り出すが、結局香取・草なぎが選んだマイケル・ジャクソンの「ヒール・ザ・ワールド」を流した。

◆「新しい地図」とは

9月8日をもってジャニーズ事務所を退所した香取、草なぎは、稲垣は22日、公式ファンサイト「新しい地図」を開設。合わせて、Facebook、Instagram、LINE、Twitter、Weibo、YouTubeのアカウント、ファンクラブも設立し、今後の活動に注目が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:bayfm

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)