新垣結衣、緊張気味のスタッフへの“心遣い”が明らかに 愛される理由とは?

新垣結衣、緊張気味のスタッフへの“心遣い”が明らかに 愛される理由とは?

新垣結衣が表紙の「MORE」11月号通常号(C)MORE11月号/集英社

【新垣結衣/モデルプレス=9月27日】女優の新垣結衣が28日発売の雑誌「MORE」11月号の表紙に登場。インタビューでは、近況を語っている。

通常号(付録あり)の表紙は鮮やかなブルーのニット、増刊号(付録なし)ではピンクのニットを着こなしている新垣。実は、「秋冬は毎日ニット着てます!」と語るくらいのニットラバーで「ベーシックカラーはもちろん、赤とかビビッドな色も好き。毎年、トレンドの中から好きなデザインを買い足すから、どんどんお気に入りが増えていくんですよね」と、インタビュー特集「新垣結衣〜愛されガッキーの理由〜」でも語っている。

◆撮影中の心遣い

この特集では、彼女の魅力を、“ミックスおしゃれ上手”“聞き上手 愛で上手”“ありのまま上手”という3つのキーワードで紐解いた。キュートな表情や新垣の最旬ファッションも見どころだ。

撮影中は、初対面で緊張気味のスタッフにふいにツッコミを入れて笑わせる場面も。新垣の最新のビジュアル、そして彼女らしさあふれるインタビューが詰まった6ページとなっている。

◆内田理央の巻頭ファッション特集&佐藤ありさの産後初インタビューも

ほか、今号では、9月27日に26歳の誕生日を迎えた専属モデル・内田理央の巻頭ファッション特集や専属モデル・佐藤ありさの出産後初のインタビュー、映画「ナラタージュ」の熱演が話題の坂口健太郎のインタビュー特集も掲載。

またSexy Zoneも初登場。通常号ではソロカット&インタビューをフィーチャーした「Sexy Zone〜5人のカラー編」(8P)、増刊号では5ショットを中心に構成した「Sexy Zone〜5人のキズナ編」(8P)と、通常号と増刊号で異なる内容になっている。(modelpress編集部)

情報:集英社

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)