坂口健太郎の色っぽい視線にドキッ 今の魅力に迫る

坂口健太郎の色っぽい視線にドキッ 今の魅力に迫る

坂口健太郎(画像提供:文化出版局)

【坂口健太郎/モデルプレス=9月25日】俳優の坂口健太郎が、28日発売の雑誌「装苑」11月号に登場する。

人気の連載「装苑男子Vol.21」で、恵まれたスタイルと甘いマスクで一躍人気となり、ファッション誌をにぎわせてきた坂口が登場。

モデルから俳優へと表現の場を定めた現在、個性的な役も臆することなく演じながら、俳優の幅を広げ、演技にまい進する。俳優・坂口健太郎と、彼自身の魅力に迫る。

◆Chara&SUMIRE、母娘で初表紙

表紙を飾ったのは、昨年デビュー25周年を迎え、アルバムを発売したCharaと、その娘であり同誌モデルのSUMIRE。母娘で似ているが、それでも異なる個性の強さこそがふたりの共通点。お互いへのメッセージも含め、ここでしか見られない貴重なファッションストーリーで展開する。

◆広瀬アリス&すずら人気の姉妹が登場

また、姉妹の肖像として、広瀬アリス×広瀬すず、藤井萩花×藤井夏恋、福士リナ×福士マリというそれぞれの姉妹が、ファッションシュートと共にお互いへの想いを語る。

Hey! Say! JUMPのメンバーで、ツアーではプロデュ―スも手掛ける一方、ソロとしても演技派として高く評価される俳優の顔も持つ、山田涼介も登場。「アイドルは天職。ありのままの自分で、そのすべてに全力で向かう」と語る一方、「自分の芝居に満足したことは一度もない」という理由とは。ふたりの特集にちなんでアイドル、そして俳優としての側面からのインタビューと、いくつもの表情を引き出したファッション撮影は、ファンでなくとも感じるものが必ずある企画となっている。

このほかお互いに会いたかったという小松菜奈と杉咲花の初対面での撮影とメッセージ交換、アーティストの大森靖子と、衣装を担当する縷縷夢兎デザイナー、東佳苗との表現することに関する対談、ジェニー・ファックスのデザイナー、シュエ・ジェンファンが作り上げた島崎遥香の世界観、コシノジュンコとブルゾンちえみのモードな競演など、今号では創造力や感性を揺さぶる企画を特集する。(modelpress編集部)

情報:文化出版局

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)