「ひよっこ」早苗さん(シシド・カフカ)、恋の行方&まさかのお相手に視聴者沸く

「ひよっこ」早苗さん(シシド・カフカ)、恋の行方&まさかのお相手に視聴者沸く

シシド・カフカ(C)モデルプレス

【ひよっこ/モデルプレス=9月26日】女優の有村架純がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合/月曜〜土曜あさ8時)の26日放送回にて、ドラムボーカリストで女優としても活躍するシシド・カフカが演じる久坂早苗の恋に注目が集まった。※以下、ネタバレあり

まだ上京したての頃、エレベーターに閉じ込められ、その中で乗り合わせた男性と恋に落ちた早苗。しかしはお相手(龍二さん)はドラム修行のためニューヨークへ。その際、龍二は一人前になって帰国し、結婚する事を約束。早苗も25歳までは待つことを約束しており、その後もずっと思い続けていた。

◆ついに早苗さんの待ち人来る!

この日、そんな龍二がついに登場。「ごめん。時間がかかっちまったけど、迎えに来た。一緒にさ、花のサンフランシスコに行かないか?」と早苗の前に現れると、早苗は呆然。「おそい…」とつぶやき、龍二の胸の中へ飛び込んだ。そして後日、早苗は満面の笑みを浮かべてあかね荘を旅立った。

◆早苗の恋に視聴者歓喜

早苗の恋の行方に、これまで応援してきた視聴者は歓喜。ネット上では「早苗さんおめでとう」「早苗さんのおそい…の一言可愛すぎるよ」「早苗さん嵐のように去っていったな(笑)でもハッピーなお別れで良かった」「待ち人来たりてめでたいです」「何の保証もない相手を待ち続ける早苗さんかっこよかった!本当に良かった」といった祝福の声が溢れた。

またお相手を演じたTHE COLLECTORSのギタリスト・古市コータローにも注目が集まり「コータローさん朝ドラ出たって??」「コータローさんとシシド・カフカのカップルとかかっこよすぎる」といった声も上がっていた。

◆シシド・カフカの希望が通った…?

なお、シシドは7月に行われた合同インタビューの際、「(脚本の)岡田さんには『結婚相手を見つけて、あかね荘を出ていきたい』と希望として伝えました」と言い「(お相手の予想としては)1つは早苗の素のままを受け入れてくれる男性。もう1つは早苗の全てを変えるような人で、早苗さんが笑顔満点になっちゃって『じゃあね!みんな〜』と出てくような男性のどっちかですね」と語っていた。

◆朝ドラ『ひよっこ』

脚本家・岡田惠和氏によるオリジナル作品で、東京オリンピックが開催された1964年から始まる波乱万丈青春記。茨城県北西部のある大家族の農家に生まれた、おっとり、のんびりしたみね子が、慣れない都会での生活や突然のトラブルに巻き込まれながらも、“金の卵”の殻を自ら破って成長していく姿を描く。(modelpress編集部)

情報:NHK


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)