「テラスハウス」智可子、“史上最大の修羅場”家族会議後の空気は「最悪…」本音を明かす

「テラスハウス」智可子、“史上最大の修羅場”家族会議後の空気は「最悪…」本音を明かす

福山智可子『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』(C)フジテレビ/イースト・エンタテインメント

【テラスハウス/モデルプレス=9月26日】人気リアリティーショー「テラスハウス」の最新シーズン『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』(テラスハウス アロハ ステート)の最終話となる第36話が25日深夜、フジテレビ系にて25時25分より放送され、ハワイ編が完結(FODとNetflixで先行配信)。YouTubeではメンバーの卒業インタビュー動画が公開中。アルバイトの福山智可子(28)は、テラスハウスでの生活を振り返り、本音を明かしている。

◆「あんまり長くいたくない」智可子の知られざる本音も

シーズン終盤では、会社員のシェリーマリア澄川ラボエ(25)が第31話より加入した銀行員の新田満理子(25)に、ラッパーの“ウェズ”こと中嶋ウェスリー(29)が「満理子のことを嫌い」と言ったと告げたことが大きな問題に。第34話では、これまでシェリーのそれ以外の行動にも疑問を感じていた俳優の玉城大志(30)を中心に全員会議が開かれ、結果的に火種となったシェリー×満理子×ウェズの問題はうやむやになり、シェリーと大志の喧嘩に発展。これまでのシーズンでも何度かあった“全体会議”だが、修復不可能なほどの衝突は初めてで、史上最大の修羅場となった。

当時、智可子は誰を擁護するでもなく、中立な立場で話し合いに参加していたが、その後、シェリーの味方をしなかったことに対して、シェリーから責められる場面も。インタビュー内で「もうあと一週間くらいどうでもいい、って正直思いました(笑)」と会議のときの心境をぶっちゃけ、直後の家の雰囲気を「最悪ですよね。お互いまったく喋らなかったし、目も合わせないんですよ」と回顧。後にカップルとなった大志には相談できたため、「心の支えではありました」と事件を通じて仲が深まったようだ。

テラスハウスでは2ヶ月半過ごし、「今は楽しかったなって言えます」と今となっては笑い話に出来るようだが、「そうじゃない時期もありました」と本音を告白。「最初の1ヵ月くらいで、『もうあんまり長くいたくないな』って(と思った)」といい、知られざる抱えていた悩みも明らかとなっている。

◆大志に惹かれた理由は?

また、カップルとなった大志の猛アプローチも回顧。

刺さらなかったアプローチ、刺さったアプローチ、惹かれ始めたのはいつか、なども語っており、「将来はずっと一緒にいれたら良いなって思います。良い家庭を築いていけたらいいな」と大志への今の思いを明かしている。

◆「テラスハウス」ハワイ編

シェアハウスに同居する男女の青春模様を記録したリアリティーショー『テラスハウス』。

湘南、東京と舞台を移し、今シーズンでは番組初となる海外のテラスハウスで共同生活を開始。2016年11月1日よりFODとNetflixで配信が開始され(地上波では11月28日よりオンエア開始)、当初全24話の予定だったところ、全36話まで延長され8月29日に最終話が配信。全部で16人のメンバーが出演し、2組のカップルが誕生した。

最後のメンバーは俳優の玉城大志、会社員のシェリーマリア澄川ラボエ、ラッパーの“ウェズ”こと中嶋ウェスリー、アルバイトの福山智可子、銀行員の新田満理子、会社員の関川良の6人。

スタジオキャストは東京編に引き続き、YOU、トリンドル玲奈、徳井義実(チュートリアル)、馬場園梓(アジアン)、山里亮太(南海キャンディーズ)、健太郎の6人が務めた。

なお、来シーズンについては詳細な発表されていないが、地上波放送では来シーズンの舞台と思われる新テラスハウスの外観が映る“ヒント”場面もあり、視聴者の間では様々な憶測が飛び交っている。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)