片岡安祐美、公開生プロポーズから1ヶ月の心境は?入籍についても語る

片岡安祐美、公開生プロポーズから1ヶ月の心境は?入籍についても語る

片岡安祐美、プロポーズから1ヶ月後の心境は? (C)モデルプレス

【片岡安祐美/モデルプレス=9月27日】茨城ゴールデンゴールズ選手兼監督の片岡安祐美が27日、都内で行われた「Phukethon(プーケソン)2017 フレンドシップランナー発表イベント」に登場し、先月26日に放送された日本テレビ系「24時間テレビ40」での公開生プロポーズ後の近況を語った。

片岡のお相手は、かねてより交際を公表していた元横浜ベイスターズの選手で、現在はラーメン店店主の小林公太さん。

今回、12月に行われるタイ・プーケット初のマラソン大会のランナーに選ばれた片岡。彼は「応援してくれてる」と明かし、時期的に現地まで来ることは難しいが「日本から応援してくれてる形になると思います」と話した。

◆プロポーズから1ヶ月後の心境

またプロポーズから1ヶ月が経ったが、片岡は「周りの方からおめでとうと言ってもらえます。私にもこういう日が来たのかと日を増すごとに実感してます」としみじみ。入籍については「まだしていないです。何の準備もしていないので、それに向けて今話し合いをしています」と語った。

◆ワッキー&庄司智春からアドバイス

イベントには、既婚者のお笑いタレント・ワッキー(ペナルティ)と庄司智春(品川庄司)も出席。アドバイスを求められた庄司は「コミュニケーションをちゃんと取って。お互い働いているから、二人の時間を大切にすること」とコメント。

ワッキーからは「もし男の子が生まれると、旦那さんの恋愛感情が子供へ向いてしまうことがある」という話が。片岡は「旦那さんへの愛情をちゃんと持ち続けます」と固く誓った。

また片岡は、夫と野球でつながってるということもあり、「(子供に)野球に興味をもってもらえたらうれしいです。スポーツは何かしらやってもらえたらと思います」と子供についても考えを巡らせていた。

なおイベントには三人のほか、おばたのお兄さん、タイの女優であるパンケーキ・ケンマニットとヨーヨットサバディーが出席した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)