関ジャニ∞「今回は予想ができない」想像を絶する戦いに涙も<メンバーコメント>

関ジャニ∞「今回は予想ができない」想像を絶する戦いに涙も<メンバーコメント>

「関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦」第5弾/画像提供:テレビ朝日

【関ジャニ∞/モデルプレス=9月28日】関ジャニ∞がMCを務める音楽バラエティー番組「関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦」の第5弾が、9月29日午後7時から放送されるにあたり、「カラオケ王No.1決定戦」の収録が実施。今回もドラマティックな戦いが繰り広げられた。

◆女王・新妻聖子の目から涙が…

過去4回の「最強カラオケ王No.1決定戦」では圧倒的な強さを見せつけ、現在まで負けなしの4連覇を成し遂げているミュージカル女優の新妻聖子。

今回も絶対女王として「打倒!新妻聖子」を掲げる歌姫たちの挑戦を受けて立つ。

新妻は今回、特製の豪華な“女王イス”に座り、スタジオで全対戦を観戦。新妻との対戦を目指す挑戦者たちの歌声に耳を傾け、徐々に士気を高めていく。

そして迎える運命の最終決戦。新妻は気持ちを整え、夢の5連覇を目指し舞台へ。対戦曲はセリーヌ・ディオンの「To Love You More」。

新妻の得意な英語曲だが、判定結果に女王の目から一筋の涙が…。はたして、新妻の不敗神話はどんな結末を迎えるのだろうか。

◆合言葉は“打倒!新妻聖子”

挑戦者には、新妻の5連覇を阻むべくプロとアマチュアから最強の歌姫が集結。まずは、第3回大会で新妻をあと一歩まで追い詰めた“最強ゴスペル女子高生”こと鈴木瑛美子。

番組への出演後、CMに出演するなど注目の鈴木が、新妻へのリベンジを期し再びモーツァルトの舞台に帰ってくる。

そして美貌と澄んだ美声が魅力の“ウクライナの歌姫”ことアイーダ・ニコライチュクは、自身初めてという日本語の歌詞に挑戦し、驚きの歌唱を披露。

ほかにも、強烈な「こぶし」でスタジオを沸かせる民謡歌手や、名門音楽大学を首席で卒業、夢はアニソンシンガーという異色のソプラノ歌手、そして演歌界最強のカラオケクイーン・さくらまやも参戦。

この中から、新妻と対戦できる一人は誰か。手に汗握る高得点連発の戦いが繰り広げられる。(modelpress編集部)

◆関ジャニ∞コメント

・村上信五 

結果は見ていただいてのお楽しみですが、全試合が決勝戦と言ってもいいくらい、ハイレベルな戦いばかりでした。どの対戦も見応え十分だと思います。

・安田章大

プロとかアマとかがまったく関係ない状態の戦いだったと思います。みんなの熱い気持ちがそのまま音楽に乗って表現されていると思いますので、ぜひ誰が勝つかも含めて音楽を楽しんでもらえたらなと思います。

・大倉忠義

歌を聴いて、この人が勝つかなと思う人が負けたり…。今回は予想ができない戦いがすごく多かったので、みなさんにも楽しんでいただけると思います。

◆第1回戦対戦カード

●「次世代のスター候補!プロアマ対決!」
「童謡界No.1女子高生」斉藤花耶 VS 「日本ミュージカル界期待の新星」田村芽実
対戦曲 『生まれてはじめて』/神田沙也加

●「今大会で飛躍を目指す歌姫対決」
「名門音大出身の異端児」岡井つばさ VS 「演歌界の最強カラオケ女王」さくらまや
対戦曲 『魂のルフラン』/高橋洋子

●「最強アマチュア対決!」
「名門音楽スクールの秘密兵器」両角沙霧ソール VS 「最強ゴスペル高校生」鈴木瑛美子
対戦曲 『Belive』/Che’Nelle

●第2試合「異色の歌姫対決!」
「民謡界No.1歌姫」朝倉さや VS 「ウクライナNo.1歌姫」アイーダ・ニコライチュク
対戦曲 『涙そうそう』/夏川りみ

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)