黒柳徹子、骨折していた

黒柳徹子がInstagramで足骨折を告白 舞台『想いでのカルテット』には車椅子で出演

記事まとめ

  • 女優の黒柳徹子がInstagramを更新し、足を骨折していたことを明かした
  • 「足を骨折してしまい、手術を受けました」と告白したが「とっても元気です」と報告
  • 東京・EXシアター六本木にて上演される舞台『想いでのカルテット』には車椅子で出演

黒柳徹子、骨折していた

黒柳徹子、骨折していた

黒柳徹子 (C)モデルプレス

黒柳徹子/モデルプレス=9月28日】女優の黒柳徹子が28日、自身のInstagramを更新し、足を骨折していたことを明かした。

「ところで、みなさんに、ご報告があります。実は、私、1ヶ月前に足を骨折してしまい、手術を受けました」と告白。

明日(9月29日)から東京・EXシアター六本木にて上演される舞台「想いでのカルテット」には、車椅子で出演することを明かし、「でも、みなさん、ご心配なさらないでくださいね。私は、とっても元気です」と現状を報告した。

◆すでに仕事復帰

手術後10日から医師の許可を得てレギュラー番組の収録にも復帰していたそうで、「足の経過は、順調で、骨が完全につくまでは、車椅子を使っての生活になりますが、相変わらずの食欲とともに、毎日リハビリに励んでおります」とつづっている。

突然の報告にファンからは「びっくりしました!お大事になさってくださいね」「早く完治しますように」などいたわりの言葉が続々と寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)