木下優樹菜、安室奈美恵の引退後を考慮

木下優樹菜、安室奈美恵の引退後を考慮

木下優樹菜 (C)モデルプレス

【木下優樹菜・安室奈美恵/モデルプレス=9月28日】2018年9月16日をもって引退する歌手の安室奈美恵の、熱烈なファンであることを公言しているモデルでタレントの木下優樹菜が、28日、木曜レギュラーを務める日本テレビ系情報番組『PON!』(毎週月〜木曜あさ10時25分)で改めて安室への想いを語った。

◆「ほっといてあげてほしい」思い明かす

番組では、「大好き。小学生のころから」という木下が、自身にとっての安室のベストソングを紹介。「Get Myself Back」の“大丈夫きっと全てはうまくいく”というフレーズに、辛い時救われたと明かし、今でも「1日1回絶対聞かないと頑張れない曲」だと語った。

さらにこのフレーズを受けて、「その通りだと思って、安室ちゃんも今まで頑張ってきて、この1年を有意義に過ごしてもらいたいなと思って」と語った木下。「あとは、(引退後の来年)9月17日からは、1人の女性として楽しんで生きて貰えたらなって思います。だからほっといてあげて欲しい。自由に生きてほしい欲しい。ゆっくり」と引退後の安室を慮った。

◆号泣動画に長文コメントも

木下は安室の引退報道を受けて、自身のSNSに「絶望」という文字とともに号泣する動画を投稿。さらに夏休みのために欠席していた同番組の21日の放送には、「安室さんを初めて見たときから憧れで、小学生のとき沖縄アクターズスクールに入りました」などと長文コメントを寄せていた。

◆約1年後に引退へ

安室は20日、公式サイトにて、「ファンの皆様へ」としてコメントを発表。

「今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。『わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。』引退までのこの1年アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます」とした。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)